納車の際このようなことが行われる

Such a thing is done when car delivery

納車時には、サドル位置やハンドルの高さなど微調整をする。ロードバイクに初めて乗るお客さんへは、安全な走行方法や操作方法などの説明もする。そして必要アイテムをそろえて、支払いを済ませたらいよいよロードバイクデビューだ。
納車の際このようなことが行われる

最終ステップを踏んだらついに納車の時!

欲しいモデルやサイズが取り寄せになった場合、または店頭に在庫があった場合でも、スポーツ自転車専門店では、必要な個所のメンテナンスを納車までに行うことが多い。

ホイールの振れ取りやBBの締めなおし、ワイヤーの調整など、これらはスポーツ自転車店ならではの手の込んだメンテナンス。納車後ベストな状態で乗れるよう調整してくれる。

納車時には、サドル位置やハンドルの高さなど微調整をする。ロードバイクに初めて乗る人には、安全な走行方法や操作方法などの説明もする。

納車前にこんな点検チェックが行われる

ねじが1本緩んでいただけで大事故につながりかねないロードバイク。安全に楽しく乗ってもらうために、納車前に細部までメンテナンスをする。

そして納車後は、トラブルがなくても1年に最低1度はメンテナンスに出すようにしよう。再び新車同様の乗り心地が楽しめる。買ったショップでは点検や修理の工具を優待してくれることもある。

  • ハンドルやステムのボルトの締め付け
  • ブレーキの調整
  • シート周りのボルトの締め付け
  • ホイールの調整
  • ディレイラー(変速機)の調整

役に立った!と思ったらシェアお願いします。

ロードバイクを買おう

ロードバイク虎の巻カテゴリー