ロードバイクの盗難対策方法

Three of theft to a minimum implementation measures

ロードバイクの盗難が多発している。ネットオークションなど自転車の中古マーケットが活性化しており、容易に現金化できるようになったからだ。手口も大型工具で鍵を切断し車で持ち去るなど、かなり荒っぽいものになっている。
ロードバイクの盗難対策方法

盗難から守るために、肝に命じること

愛車を守るのはかなり難しい

残念ながら、その手の「プロ」に狙われてしまうと愛車を守るのはかなり難しい。それでも以下のことに注意すれば盗難の可能性を確実に減らすことができるのでご参考に。

その1.目の届かないところに停めない。

これは基本中の基本。駅前の駐輪場も人の目が届きにくいのが盲点。

その2.盗まれにくい鍵を使う。

自転車ロックはワイヤー、チェーン、U字の3タイプに大別される。

ワイヤーとチェーン ワイヤーとチェーンは携帯しやすく使い勝手がよいが、大型のボルトクリッパーなどで短時間に切断されやすい。
U字ロック

頑丈さでいえばやはりU字ロック。それも金属ボディをシリコンや樹脂で覆ったタイプが切断しにくくベターだ。ただ、重量があるので高価な自転車や長時間の駐輪で用いるなどして使い分けたい。

ピッキング対策

シリンダー部分はディンプルキーを採用したものやダイヤルのものがピッキングされにくい。

その3.鍵は自転車スタンドなどの構造物と繋ぐ

自転車スタンドなどの構造物と繋ぐ

いわゆる"地球ロック"である。パーツの盗難も多いので、取り外しが容易なホイールはー緒に絡ませてロックするようにしたい。

役に立った!と思ったらシェアお願いします。

万が一のために

ロードバイク虎の巻カテゴリー