アームカバーがあれば夏の辛さを大きく改善できる

If you have an arm cover you can greatly improve summer's spicy

夏の激しい日差しの中で走行するには水分補給が非常に大切だが、それだけでは照りつける日光対策とは言い難い。日焼け止めをきちんと塗ることに加え、アームカバーを用いれば日焼け防止や体力消耗を抑えることができ、走行時の快適性が増すのでぜひおすすめしたい。

多くの荷物を運ぶことができるシートバッグは旅行やロングライドに便利

日焼け対策は必須

日焼けは疲労の原因の一つ

ロードバイクの走行時に注意したいポイントは、脱水症状を避けるために水分補給に気を配るなど複数あるが、その中の一つが日焼け対策。特に紫外線が強い時期は要注意。

もちろん、健康のために日光を浴びるということは大切だが、それは短時間で十分。度をすぎる日焼けは軽度の火傷、もちろん体にも悪い。

さらに、直射日光を浴び続けると体に熱がこもってしまい、体力の消耗につながってしまうし、熱射病の原因ともなる。こうなると長時間の走行に弊害が出るし、1時間程度の走行であっても油断は禁物だ。

ロードバイクに最適な日焼け防止策とは

ロードバイクにとって日焼け対策は必須だとして、その方法は大きく分けて2つ。一つは日焼け止めを塗ること。そしてもう一つは日差しを防ぐものを装着すること。

ウエアを装着することのできない顔部分や首部分は日焼け止めを塗って対策する。

また、胴体部分は紫外線対策機能があるウエアを装着することで日焼け防止に努めることができる。そして、それ以外の露出している部分である腕や足部分の日焼け対策は、アームカバーやレッグカバーをおすすめしたい。ここではアームカバーを中心に日焼け対策方法を紹介したい。

体の部位 日焼け対策グッズ
顔・首 日焼け止め
ヘルメット
胴体 紫外線防止ウエア
腕  アームカバー
レッグカバー

アームカバーとは

半袖ウエアの腕部分に装着するもの

アームカバーは半袖ウエアでカバーできない腕部分の日焼け対策アイテム。基本的には2つが1セットで販売されている。

日焼け防止に役立つ

アームカバーは紫外線対策された繊維を使っているので、腕の日焼けを防ぐことができる。

日焼け対策なら日焼け止めを使ってもいいが、日焼け止めは汗で流れてしまったり、長時間すると効果が落ちてしまったりと弱点がある。一方でアームカバーは装着している間は日焼けを防止できるので、長時間の走行にも使いやすい。

直射日光による熱を防ぐ効果も

日焼け止めを塗っていても、直射日光による熱は防げない。特に、真夏の場合はジリジリと照りつける太陽が直接皮膚に当たると体力の消耗も激しい。アームカバーを使えば直接熱されることがないので、付けないときに比べて遥かに快適。

夏のロングライドには必須だが日々のトレーニングや自転車通勤にも使いやすい

アームカバーはロングライドにも向いているが、日々のトレーニングや自転車通勤にも使いやすい。というのも日焼け止めと比べて装着するだけでいいので非常に手軽。こまめに腕や足に日焼け止めを塗る手間が省けるし、アームカバーは折りたためばコンパクトなのでじゃまになりにくい。

アームカバーにはどのような種類があるか

アームカバーには安価なものからそこそこの価格のものまで多種多様。街でママチャリに乗っている女性が日焼け防止に付けているものから、ロードバイクの仕様に特化した高性能素材を使ったものまでその種類は幅広い。

使っている素材や動きやすさ、走行中のズレにくさや、装着した際に痒くならないなど。安価なものは日光を遮れるがその他は全く配慮されておらず、不快に感じるものもあるので、できるだけロードバイクの使用に特化した高性能なものを選ぶことをおすすめしたい

アームカバーに欲しい機能

  • 吸汗速乾素材(汗を吸ってくれやすくすぐに乾燥させる)
  • 紫外線吸収素材
  • 動きやすく走行の邪魔にならない
  • 走行中にずれない
  • 装着中に痒くならない
  • コンパクトで収納しやすい

実際にパールイズミのコールドブラックアームカバーを付けて走ってみた

夏のロードバイクをより快適にするために、アームカバーを購入したので、その特長と使用感を紹介する。

購入したもの

パールイズミのコールドブラックアームカバー

購入したのはパールイズミのコールドブラックアームカバー。アームカバーの中では高価な部類に入るが、ロードバイクに特化した各種機能がそれぞれ高いレベルで備えられているので、夏のロングライドや日々のトレーニングなど、紫外線が強い時期にロードバイクの乗車頻度が高い人であれば、コストパフォーマンスは悪くない。

サイズ

腕が細めなのでSサイズを購入。長さは半袖ウエアの袖口から手首までの長さが適切。半袖ウエアを着ていれば腕部分が露出することはない感じ。

サイズ 腕の長さ 上腕最大囲
Sサイズ 49~54cm  25~30cm
Mサイズ 52~57cm 28~33cm
Lサイズ 55~60cm 30~35cm
XLサイズ 58~63cm   33~38cm

装着感

ロードバイクの天敵である風の抵抗がないようにピッタリとフィット。始めて装着する際に、若干締め付けられる感じがしたが、ロードバイク走行時の軽く腕を曲げている腕の位置で最適なフィット感になるようになっていて、その位置であれば締め付けられる感じはない。

サイクルジャージの後ポケットに入れられる大きさ

サイクルジャージの後ポケット

畳むと非常に小さいのでサイクルジャージの後ポケットに簡単に入る。基本的にはずっと装着しておくものだが、使用しない時に邪魔になりにくい。

実際に装着して走行した感想

動きにくさはない

激しい動きをしても、アームカバーが邪魔で走りにくかったり、風の抵抗になっていたりするようなことがない。なお、装着時に締め付ける感がした場合は、装着方向を間違っている可能性が。メッシュ部分をヒジ側に持ってきて、ロゴを肘の外側に向けるように装着すること。

密着しているが涼しい

風の抵抗を抑えるために腕にピッタリとフィットしているが、吸汗速乾の素材を使っているので、腕の汗がすぐに素材に吸収されて乾燥していく。そのため、腕の汗で不快感になることもない上うえに、蒸れず、パールイズミの商品ページには4~5度低く感じると記載されてあるが、まさにその表現どおり装着しないときに比べて涼しい。

素材の名前をコールドブラックというらしいが、白色のアームカバーでもそのような名前なのかは不明。

コールドブラック

直射日光がないだけで体への負担が大きく変わる

紫外線防止性能を表す数値であるUPF値は50+と、夏のロングライドに適した値。また、直射日光を反射する機能があるので、日差しが強い夏の日でも日光で皮膚を炙られるという感じがなく快適。日光が強すぎる場合はこの熱が体内にこもり、体に負担を与えてしまうのでありがたい。このあたりは日焼け止めでは対処できないので、アームカバーの大きなメリットといえる。

滑り止めがあるので激しい運動でもずり下がってこない

滑り止めがあるので激しい運動でもずり下がってこない

アームカバーのポイントとしては長時間装着できること。特に激しい運動を行う場合は体が動くたびにアームカバーがずれてしまう。パールイズミのコールドブラックアームカバーは、滑り止めとしてラッセルテープが使われていて、締め付けられる感じがしないうえに長時間使っていてもずり下がってこない。

なお、装着はサイクルジャージ袖の内側に入れるように装着すること。サイクルジャージの上にすべり止め部分を持ってきてもずり落ちてきてしまうので注意。

長時間装着していても痒くない

低品質なアームカバーに多いが、強力な滑り止めを使ってずり下がりにくいが、その部分が皮膚に触れると痒くなるものが多い。一方でこのアームカバーは長時間皮膚に触れていても痒くなりにくい。事実、肌が弱い筆者でも長時間装着していても痒くならなかった。

安全性を高める反射素材付き

安全性を高める反射素材付き

反射素材がついているので、ロングライド時の安全性を向上してくれる。明るいうちのロングライド時に忘れがちなのが、ライトを付けずに走ってトンネル内で車に見つけられないこともあるので、反射素材が付いている装備はありがたい。

感想まとめ

パールイズミのコールドブラックアームカバーは約4,000円とそこそこの価格だったが、炎天下の走行時には日差しや熱を遮ってくれるので、装着しないよりも快適に走ることができるようになった。

高機能素材を使っているため、蒸れない、熱くない、(軽く)邪魔にならないうえに、冬の時期以外使用できるので使用頻度は高く、納得の行く価格と考える。特に夏の時期に走行する人には是非ともおすすめしたい。

その他

女性向けの高機能アームカバーもある

当然ながらアームカバーは男性用だけでなく女性用も存在する。上記で紹介したコールドブラックアームカバーの女性用が以下のもの。サイズはS/M/Lと3タイプあるので、自分のサイズに合ったものを選ぼう。

サイズ 腕の長さ 上腕最大囲
Sサイズ 47~52cm 21~25cm
Mサイズ 50~55cm 23~27cm
Lサイズ 53~58cm 25~30cm

洗濯は必須

アームカバーはウエアと同じく大量の汗を吸っている。そのため、使用してそのままにしておくと汗の塩分が白い粉になってアームカバーに残ってしまう。いくら抗菌防臭機能がついているとしても、衛生的に使いたいのでこまめに洗濯すること。洗濯はウエアと一緒にネットに入れて洗濯するだけなのでそんなに手間ではない。

冬用のアームウォーマーとしては使えない

似ているものとして防寒に使用する用のアームウォーマーがある。これは寒い時期に風を防ぎ、体を冷やさない用途のもので、見た目は似ていても真逆の用途。冬に夏用のアームカバーを使うと通気性が高くて寒くて仕方がない。冬は冬用のアームウォーマーを準備しよう。

足の日焼けを防止するレッグカバーもおすすめ

ここまでアームカバーを紹介しているが、足用のレッグカバーも存在する。脚の日焼けは軽視されがちだが、可能なかぎり軽減させたほうがいい。

こちらもアームカバーと同様の機能を持つので、夏のロングライドには是非とも準備したい。

まとめ

真夏以外でも日焼け防止は必要

紫外線対策は真夏だけでなく春や秋でも紫外線対策は必要。本格的な夏である7・8月以外にも、6月や9月でも思った以上に紫外線が強い時期。この時期に日焼け防止をせずに長時間走ると思った以上に日焼けしてしまう。

真夏はもちろん、それ以外の時期でも日焼け対策としてアームカバーを活用しよう。

顔と首には日焼け止めを塗るのを忘れずに

アームカバーやネックカバーで腕と脚を。ウエアやヘルメットで体や頭の日焼け対策は可能だが、顔や首は日焼け止めに頼るしか方法はない。紫外線の強さや外を走行する時間を目安に最適な日焼け止めをこまめにしっかりと塗ることを忘れないように。

役に立った!と思ったらシェアお願いします。

人気のページ

必須アイテム・便利なアイテム

ロードバイク虎の巻カテゴリー