冬の走りを快適にするアイテムの紹介

Introduction of items that make comfortable running in winter

寒い冬を走るのに各種ウエアを揃えるのは必須だが、それに加えて快適に走るためのアクセサリも存在する。冬のウエアと併せて使うことで冬の辛さを抑えることができるのでおすすめだ。

冬の走りを快適にするアイテムの紹介

はじめに

冬の服装の基本は「冬のウエア:冬はどのような服装がよいか」で紹介しているが、それだけでは心もとない。例えば、手の防寒は必須だし、細やかに体温調整ができるアイテムも欲しい。以下でアイテムは冬の走りに必須のアイテムと快適にするアイテムを紹介する。

グローブ

手の寒さ対策はとても重要

体の寒さ対策と同じく重要なのが手の防寒。普通の自転車であれば毛糸の手袋でも十分だが、ロードバイクは速度域が高く、網目の粗いものだとそこから風が侵入してくるので寒さを防ぐことはできない。さらに、体と違って末端の部位なので一度冷えてしまったら温めるのに時間がかかる一方、手の冷たさはなかなか我慢できないので、手袋でカバーして体温を上げる必要がある。

また、変速を行ったりブレーキをかけたりと指を使うことが多いので、ミトンタイプの手袋は操作しづらく危険。さらに、冬は雨が降りやすく防寒性能とともに多少の防水性も求められる。

専用のグローブが必要

そのような理由より、グローブは普通の手袋ではなく、ロードバイク専用のものを選ぶことをおすすめする。また、グローブをしているからといっても長時間外で風を受けていれば徐々に手の先も寒くなる。特に薄い素材のものはすぐに寒くなってしまうため、ある程度の厚さの素材を使っているものを選びたい。

おすすめはパールイズミの7215サイクリンググローブ指付

パールイズミの7215サイクリンググローブ指付は防風素材で多少の雨でも大丈夫。内側は中面が入っており、操作性が高いので便利。実際に使用しているが、2時間程度であれば寒さが手に伝わってくることもないので、20km以内の自転車通勤にも何の問題もなく使用可能。

また、パットもそこそこ厚いので手のひらに対して路面からの振動を和らげてくれるのも嬉しい。

なお、約3年使用しているが特にヘタることもないので長期に使えてコストパフォーマンスも悪くない。

ネックウォーマー

着脱が簡単なネックウォーマーは便利

走行中はサイクルジャージとサイクルジャケットだけで十分だが、走る直前や走り出しは多少寒いもの。そのような場合はネックウォーマーが便利。

パールイズミ485サイクルネックウォーマー

寒さには首を温めるのが効果的と言われるとおり、このネックウォーマーがあれば非常に暖かい。

首を暖める目的でマフラーを用いようとする人もいるが、ロードバイクは乗車姿勢を結構な頻度で変えるため、マフラーが外れてしまう可能性も。最悪の場合、外れたマフラーがギアに巻き込んでしまったら大事故に繋がるので、安全面も考えてネックウォーマーにしておこう

なお、幅が大きいものは首だけでなく鼻や口元もカバーできるので、顔の寒さがきつい場合も使える。

あと、頭や顔からの汗で汚れたりしやすいアイテムなので洗濯する頻度は高め。そのため、洗いやすい素材のものがおすすめ。

アームウォーマー

半袖ジャージだけでは少し寒い場合に使うアームウォーマー。長袖ジャージを持っていれば使う季節がそんなにないと思われがちだが、微妙な温度調整ができるので、秋口から気温が10度ぐらいまでは活躍する意外にもお役立ちアイテム。

一見夏の紫外線対策として使われているアームカバーと同じようにみえるが、素材は裏起毛で着用すると暖かいのが特徴。

腕部分はラッセルテープが使われており、走行していてもずり落ちにくく、吸湿速乾素材を使っているので、蒸れて不快になりにくいのも特徴。

たためば非常にコンパクトになるので、サイクルジャージのポケットに入れておいて、必要なときにだけ着用するという使い方をすれば非常に便利。

レッグウォーマー

レッグウォーマーもアームウォーマーと同様に足部分の温度調節に役立つアイテム。使用時期は秋口から気温が10度ぐらいまでが目安。特に下半身の防寒アイテムはそう多くないので、春や秋のロングライドに持っていくといざという時に役に立つ。

イヤマフラー

耳が寒いならイヤマフラー

忘れやすいのが耳の防寒。極寒の中、風を切って走るため、耳への寒さ対策も必要。体の防寒は完璧なのに耳が寒いために全体的にツライということは避けたいところ。

PEARL IZUMI 82 イアーウォーマ 参考価格:2,700円

基本ロードバイクはヘルメットをかぶるものなので、イヤマフラーは頭の上でなく後でまとまるものを選ぶ。

また、自動車や歩行者の音も安全に走るのには重要な要素なので、音が聞こえやすい自転車向けのイヤマフラーを選ぼう。

ビンディングシューズカバー

普通のスニーカーなどを使っていれば気にならないが、通気性の高いビンディングシューズなどはそこから冷気が入ってきて寒いため、足先の保温も必要。

バッグ

寒くても背中は蒸れるのでロードバイク向けのバッグが必要

鉄板のドイター

夏に比べれば背中がそこまで蒸れにくいので冬はリュックタイプに適している季節ともいえる。特に冬は夏に比べて衣服が多く荷物も増えがちなので、重量による体への負担の少ないリュックは重宝する。

やはりおすすめはドイターのレースX。くわしくは「初心者がロードバイクで使うリュックを選ぶならドイターのレースXがおすすめ」で紹介しているのでそちらを参考に。

また、体が温まってきて使わない服はバッグの外に簡単に収納できるところも便利。

メッセンジャーバッグ

脱ぎ着が多い冬の場合、簡単に出し入れができるメッセンジャーバッグは便利。信号待ちの間に簡単にネックウォーマーをバッグにしまったり、逆に寒いからイヤマフラーをつけたりすることができる。

また、メッセンジャーバッグはそこそこの防水機能を備えた物が多く、多少の雨ならカバーがなくても中身が濡れないので、突然雨が降ってきても焦らず対処できるのは大きなポイント。

冬の雨対策

ジャージの上から着用できるレインウエアを選ぶ

ジャージの上から着用できるレインウエア

夏以上に雨対策が必要な冬。夏であれば多少濡れてもすぐに体調を崩すようなことにはならないが、冬はそうはいかない。できるだけ濡れないようにすることが必要。

冬のレインウエアは寒さの状況によるが、サイクルジャケットの上に着る場合と、サイクルジャージの上に着る場合が存在するので、場面に応じて対応しよう。

風と雨を防ぐ一方で体から出る湿気を排出できるゴアテックス素材のものであれば冬の雨でも対応しやすいので便利

レインウエアはモンベルのストームクルーザーがおすすめ

ストームクルーザージャケットはモンベルのレインウエア。ゴアテックス素材のレインウエアながらも2万円程度で購入できるので初めてのゴアテックスレインコートの人でも手を出しやすい。

モンベルのゴアテックスレインウェアの中にはもう一つ下のクラスのものもラインナップされているが、こちらのタイプの方が軽く、折りたたんだ際の大きさもコンパクトで持ち運びしやすいので多少値段は上がるがロードバイクに使用するならこちらの方を選んだほうがいい。

ストームクルーザーについては、「ゴアテックス素材を使った高コスパモデルレインウエアの「ストームクルーザー」の紹介」を参考に。

レインウエアはジャストサイズと大きめサイズのどちらを選ぶ?

サイズはレインウエアの中にバッグを担ぐなら大きめ、レインウエアの外から担ぐならジャストサイズを選ぶ。ドイターのリュックなどはレインカバーがついているし、メッセンジャーバッグは防水加工されているので、それらを使っている場合はジャストサイズのレインウエアを選ぶといい

ジャストサイズのほうが走りやすいだけでなく、日常使いや野外フェスやキャンプなどロードバイク以外のときでも活躍できる。

透湿素材を使っているので、ウインドブレーカーとしても使用できる

透湿素材を使っているので、ウインドブレーカーとしても使用できる

このストームクルーザーは普通のレインウエアと異なり、ゴアテックス素材の高機能レインウエアなので、風は通さず、蒸れにくいのが特長。そのため、ウインドブレーカーとして使用することも可能。

ジッパーを全部閉じれば口元まで覆うことができる

ジッパーを全部閉じれば口元まで覆うことができるので、中にネックウォーマーを装備すればそこそこの寒さまでは対応可能。

弱点はウインドブレーカーに比べて生地が厚くちょっと硬めの肌触りであることぐらい。ただ、雨のときももちろん使えるので、使い勝手的にはこちらに軍配があがる。

下半身のレインウエアは

なお、上半身はゴアテックス素材がおすすめだが、下半身はそう蒸れないので、ゴアテックスではなく安価な普通のレインウエアでも十分。もちろん、予算があればゴアテックスが良いということは言うまでもない。

サンダーパス パンツ 参考価格:5,500円

その他のアイテム

冬でも給水ボトルは必要

寒いからといって汗をかいていないわけではない。冬でも30分走れば結構な汗をかいている。ある程度の距離を走るのであれば給水できるようにドリンクボトルに飲み物を入れて、定期的に給水できるようにしておこう。

冬は冷たい飲料は不要だし、熱いお茶はロードバイク乗車中には向かないので、保温できるボトルでなくてもかまわない。

外出先でのパンクならボンベが便利

夏のパンクはツライが、それ以上にツライのは冬のパンク。グローブを外して作業を行うのだが、手がかじかんでまともに動かないということも。

そんな中でもパンクしたらチューブ交換する必要がある場合、できるだけ短時間で済ますためにも、空気入れはボンベ式のものが便利。

TNI CO2 ボンベセット 価格:1,620円

何度も使えるわけではなく使い捨てだが、一瞬で空気を入れることができるので寒い冬には大助かり。

役に立った!と思ったらシェアお願いします。

人気のページ

ロードバイクで走ろう

ロードバイク虎の巻カテゴリー