注油方法と注油が必要な箇所・してはいけない箇所

Lubrication method

チェーンを洗浄したあとは注油が基本。金属製のチェーンやギヤは注油することによって滑らかに動いてくれる。また注油することによってチェーンに被膜ができ、サビ付き防止になる。加えてチェーンのこすれるような嫌な音なりを防止してくれるなど、絶対にやっておこう。
注油方法

洗車後は注油が基本

洗車してオイルを落とすと、パーツを守っていたものもすべて消えてしまう。早急に注油をしないとサビが出てしまう。そこで洗車がひと通り終わったら注油を行う。

注油はドライタイプのオイルか、ウエットタイプオイルのいずれかを使う。チェーンなど殆どの注油が必要な箇所に使用する。一方で。ヘッドのベアリング、BBのベアリング、ハブ、ペダルは特殊なオイルが必要になる。

ドライタイプのオイルの特徴

ドライタイプはオイルの浸透・定着するスピードが早く、ペダリングも軽くなると言われている。

ただし揮発成分が多いため、リンクの奥に届く前に定着してしまうので、ウェットタイプよりも多めの注油が必要。水に流れやすい特徴もあり、こまめに掃除&注油する人におすすめ

ウエットタイプのオイルの特徴

ウエットタイプは粘度が高く浸透に時間が掛かるが、定着性がいいので多少の水圧でも流れずにチェーンのリンク内にオイルがとどまる。耐久性が高いので頻繁に注油をしない人や屋外に駐輪している人におすすめ

ヘッドのベアリング、BBのベアリング、ハブ、ペダルに使うオイル

注意点は注油しすぎないこと

注油しすぎると走行時にオイルが飛び散ってリムやスプロケットが油まみれになってしまう。注油後はウエスでオイルをしっかりとふきとっておこう。

SCOTT ショップタオル 1,344円

ウエスは着なくなったTシャツでもいいが、専門のペーパーウエスのほうが油の吸収が良いので作業がしやすい。チェーンの洗浄時はもちろん、フレームをふくのにも使え、さらに200枚入っているのでかなりの期間持つ。買っておいて損はない。

とはいっても慣れてくると多少高い潤滑油を購入することになり、勿体無くて少しづつ注油するようになる。ご安心を。

チェーンへの注油方法

ここではチェーンへの注油方法を説明する。チェーン以外の箇所についても基本この流れで問題ない。

チェーンクリーナーを使ってクリーニング

注油前に汚れを取ることが必要。チェーンクリーナーを使って、チェーンに付いた汚れを除去する。このとき、フレームに汚れがつかないようにフレーム側にも新聞紙をかけておくとよい。詳しくはチェーン洗浄方法を参照のこと。

クリーニング後のチェーンをウエスで拭く

チェーンクリーナーや汚れがチェーンに付いていると注油の効果が落ちるので、ウエスでチェーンをウエスで拭いてそれらを取り除く。

チェーンオイルを一コマ一コマ注油する

チェーンオイルを注油しスプロケットやディレイラー部分を潤滑させる。チェーン全てに注油するのではなく、一コマ一コマ少しずつ注油することが大切。オイルの量が多いとチェーンに汚れがつきやすくなるので最小限を意識する。

ギア全体にオイルをなじませる

チェーンに注油したあとはクランクを回転させながら1段ずつシフトチェンジをして、ギヤ全体にオイルをなじませていく。時間があるならこの状態で30分程そのままにしておくと更に良い。

余分なオイルを拭きとって終了

最後にチェーンの余分なオイルをしっかりとふき取る。チェーン表面にオイルが残っていると周りに飛び散って汚れになるだけでなく、チェーン自体も汚れやすくなる。

注油が必要な箇所

自転車の性能を維持するには、日ごろのメンテナンスと注油が大切。しかし、自転車には注油してはいけない箇所も存在する。注油が必要なポイントと注油禁止ポイントがあるので、注意しよう。

注油が必要な箇所

チェーン

プレートよりもローラーの内側に浸透させることを優先に。スプレーオイルを使う場合はホイールにかけないように。スプレーオイルは便利だが周りにかかりやすいのであらかじめウェスで保護しておくとよい。

フロントディレーラー

各ピボット部に注油。プレートには特に注油する必要はないが、表面保護のために軽く注油してもよい。

リヤディレーラー

ピボット部やワイヤ出口、プーリーの軸などに注油する。

ブレーキ・シフトワイヤー

ワイヤーの動きが渋くなった場合はアウターケーブルの切り口から、内部にオイルを注入。ワイヤーがむき出しの部分は、オイルをしみ込ませた布で軽くふいてやると良い。

各部レバーのピボット部

オイルが切れるとブレーキレバーやシフトレバー動きが渋くなる。ものぐさな人はオイルの代わりにグリスを塗ると良い。

前後ブレーキのピボット部

ピボット部やワイヤ出口、クイックレバー部分などに注油。シューには絶対にかけないようにウェスなどで保護して作業する。

スプロケット

特に注油は必要ないが、錆止めのためにスプレーする。この場合、かけすぎとホイールへのオイル垂れに注意。

注油してはいけない箇所

ハブやボトムブラケットなど、回転部のペアリングにはグリスが使われており、オイルでグリスが溶けて流れてしまうので注油はしない。その代わり、グリスアップをしてやる必要があるが、ベアリングの分解作業は初心者には難しい作業なので、初めは専門家にやってもらうといい。

注油してはいけない箇所

ブレーキシューとリムサイド

オイルが付くとブレーキが利かなくなる。万が一オイルが付いた場合はディグリーサーやアルコールなどでふき散る。

ヘッドパーツ

ペアリングのグリスを流さないように。

ペダルシャフト

注油してペアリングのグリスを流さないように。ビンディングペダルのメカニズムには注油可能。

ボトムブラケット

注油をすることでベアリングのグリスを落とさないようにする。

タイヤ

トレッド面にオイルが付くとスリップの原因になる。また、ゴムの劣化の原因にもなるので注意。

前後ハブ

注油してベアリングのクリスを流さないように。クイックレバーとクイックシャフトには注油可。

おすすめのオイル

潤滑剤はチェーン用オイルと、パーツ可動部用のスプレー式オイルの2タイプが基本。1本で済ませたいという人なら、ナスカルブがオススメ。チェーンだけでなくすべての可動部に使える。

さらに、チェーンをディグリーザーで洗った場合は、洗浄後にしっかりと水やパーツクリーナーで表面やリンク内部のディグリーザーを洗い流してから注油する必要があるが、ナスカルブのような水置換性のあるオイルは、洗車や雨中走行で濡れた状態で注油しても効果を発揮するので、乾くまで待つ必要はないので超便利。

役に立った!と思ったらシェアお願いします。

メンテナンス方法

ロードバイク虎の巻カテゴリー