前輪・後輪の外し方・取り付け方

Remove , how to mounting way of the front wheel and rear wheel

パンク修理の時だけでなく、ロードバイクを車に乗せて運ぶ場合や、輪行時等、タイヤを外す機会は意外に多い。これさえできればロードバイクで走れる範囲が大きく増える。前輪は特に簡単に取り外せるが、後輪は多少手間だが慣れればそんなに難しくないので、時間があるときに練習してみよう。
前輪・後輪の外し方・取り付け方

前輪の外し方

前輪の外し方

ブレーキ・クイックリリースを外す

ワイヤーの保護パーツをずらし、フロントブレーキのキャリパーアームを押しこんでワイヤーのロックを解除する。これでブレーキシューが開いてタイヤを外せる。

ホイール・クイックリリースを外す

クイックリリースレバーを引き起こし、クイックリリースレバーと反対側の袋ナットが供回りしないように回す。

ホイール・クイックリリースの反対側の袋ナットを緩める

ホイール・クイックリリースを解除し、逆側の袋ナットを緩める。ここで大切なのは「緩めるだけ」ということ。クイックリリースレバーと袋ナットの接続は完全に分離させなくても大丈夫。分離させてしまうとたけのこバネを紛失する危険が。

フロントフォークを持ち上げてタイヤを外す

クイックリリースレバーが緩んだ状態でフロントフォークを持ち上げれば、ホイールを外すことができる。前輪はチェーンがないので簡単。

後輪の外し方

後輪の外し方

ギヤを一番外側にセットする

後輪のホイールを外すためにチェーンを緩ませる。まずはディレイラーを操作してチェーンの張りが最も緩い小さいギヤに変更する。

ブレーキ・クイックリリースを解除する

リアブレーキのワイヤーをブレーキ・クイックリリースから外し、リアブレーキを解放する。Vブレーキの場合は左右のブレーキアーチを内側に押しこめば簡単に外せる。

ホイール・クイックリリースを解除する

ホイール・クイックリリースのレバーを引き起こし、レバーと逆側の袋ナットを緩める。フロント同様にフレームが外せる程度に緩めるだけで全部外す必要はない。ホイールが外れる程度に緩んでいれば大丈夫。

フレームを持ち上げ後輪を取り外す

クイックリリースレバーが緩んだら、タイヤを両足で跨ぎ、取り付け軸のあたりを保持し、サドルを持ってフレームを持ち上げてタイヤを外す。サドルを持ち上げて取り外す方法もあるが、こちらのほうが安定度は高い。

前輪の取り付け方

クイックリリースの位置に注意してタイヤをフレームにはめる

ホイールをフロントフォークに取り付けるときは、クイックリリースレバーを左側にしてホイールのハブ突起部分に確実に取り付ける。取り付けも前輪の場合は難しくない。

45度くらいの角度から力を入れて本締めする

フロントホイールをまっすぐにはめたら、クイックリリースレバーのナットを締め、レバーを倒しロックする。レバーはフロントフォークに沿わせるか、あるいは後ろ向きに固定する。

ブレーキ・クイックリリースを接続する

フロントホイールがまっすぐにはまっていることを確認したら袋ナットとクイックリリースレバーを締め込む。ブレーキ・クイックリリースもロックして間隔をチェックする。

後輪の取り付け方

後輪の取り付け方

チェーンを外側のギヤに合わせる

基本的には外し方と逆の作業。リアホイールをフレームのステム部に押し込み、チェーンを外側のスプロケットにかける。この際もタイヤを跨いで持つと作業がやりやすい。

ディレイラーガードを下に押し込む

リアディレイラーのアーム部分を下に押し込むと、ホイールがフレームの所定の位置に収まる。緩んでいたチェーンのテンションを元に戻しつつ、クイックリリースの軸を通す。慣れないうちはうまくはまらずに苦労する。

ホイール・クイックリリースレバーをロックする

ホイール・クイックリリースレバーと逆側の袋ナットを軽く締め込んだあと、レバーを回して位置を調整したら閉め込んで固定する。タイヤが傾いていないかなどをチェックする。後輪はネジを回す必要がなく、レバーだけで着脱できる。

ブレーキ・クイックリリースレバーをロックする

最後にリアブレーキのブレーキ・クイックリリースを元に戻す。ブレーキシューの間隔が適正かどうかの確認を忘れずに行なう。ホイールが真っ直ぐ固定されているかを確かめてからホイールを回し、異常がなければ作業終了。

役に立った!と思ったらシェアお願いします。

人気のページ

メンテナンス方法

ロードバイク虎の巻カテゴリー