ゴアテックス素材を使った高コスパモデルレインウエアの「ストームクルーザー」の紹介

Recommended high-function rainwear to road bike

ロードバイクのレインウエアは多くの種類があるので何を選んでいいかわからない人も多いと思う。ここではモンベルのストームクルーザーを購入し、実際使った感想やその特徴などをレビューする。
ゴアテックス素材を使った高コスパモデルレインウエアの「ストームクルーザー」の紹介

ストームクルーザーとはどんなレインウエアなのか

モンベルというメーカーのレインウエア

モンベルHP

モンベルはアウトドア用品全般を製造販売している日本のメーカー。登山用品から始まったメーカーなので、登山系のアイテムを軸としたアウトドア用品を取り扱っている。

実店舗も多く、路面店に加えショッピングモールなどにも入っており、実際に見て触れてから選ぶこともできる。>「モンベルショップ一覧

全般的に機能性が高いアイテムが安価で提供しているので、手を出しやすい。冬場に活躍する高機能アンダーウエアのジオラインもモンベルの商品。

ストームクルーザーはゴアテックス素材を使ったレインウエア

ゴアテックス

ストームクルーザーの一番のウリはゴアテックス素材を使っていること。ゴアテックス素材の特徴は以下の通り。

高い防水性を誇る

防水性はその素材が水をどれだけの間弾くことができるか。詳しくは「ロードバイクには高機能レインウエアがおすすめ」を参照してほしいが、ゴアテックス素材は高い水圧に対しても防水性を持つ。ロードバイクで使用する場合、弱い雨で短時間ならどのようなレインウエアでも問題ないが、激しい運動を行いながらの非常に強い雨や長時間の雨などの場合は高い防水性が必要になる。そのため、撥水性の高い素材であるゴアテックス素材は有用。

透湿性が高い

水を通さない素材は数多くあるが、ゴアテックス素材のもう一つの特徴は透湿性が高いこと。

ロードバイクで走行していると体が温まってきて体から汗や熱が発散されるが、普通のレインウエアだと、レインウエアの中は汗や熱の湿気で蒸れて不快に。また、外気にさらされていないのでアンダーウエアが吸った汗が乾きにくく、雨に濡れていないのに汗で体中が濡れてしまう。

透湿性が高いとこの蒸れの原因になる湿気を外に排出してくれやすいのでウエア内が蒸れたり、中の衣類が汗で濡れたりするのを防いでくれる。

衣服が汗で濡れている状態が長く続くと不快なだけでなく体温を徐々に奪っていって体調を悪化させ、少し寒い時期だと低体温症になり、その後の走行ができなくなることもあるので、十分気をつけたい。

様々な機能

257グラムとそこまで重くないので日々持ち運びしやすい

ストームクルーザーの重さはサイズ平均で257グラム。そこまで重くないので、ロングライド時にも持っていきやすいし、自転車通勤する人は常にバッグの中に入れておける。

動きやすいように立体裁断されている

アウトドアの状況で様々な動作をすることを考慮されており、腕は曲げやく曲げた時に窮屈にならないように作られている。そのため、前傾姿勢で多くの場合肘を曲げているロードバイクの姿勢でも、手を曲げた時に突っ張ったりしないので動きやすい。

使わない時は専用袋に入れておける

専用の袋

ストームクルーザーには使わない時に入れておける専用の袋がついている。この袋があるおかげで持ち運びやすく、バッグの中に入れた時に他のものと擦れて破れたり破損したりすることを防ぐことができる。

袋に入れた時の形状は円柱状になるので、大きめのボトルホルダーであればそのまま入れておける。

生地の接合部からの浸水を防ぐ工夫

レインウエアだけでなく、水を通さないアイテムでもっとも重要な部分はジッパーの部分。この部分が中途半端だとその部分から水が漏れてくる。

接合部テープ

そのような部分からの浸水を防ぐためにジッパー部分から浸水しないような加工が施されているので、接合部からの浸水の心配がなく安心。

手首はベルクロで絞れるので手首部分からの浸水を防ぐ

いくら撥水性が高くても、手首の部分が広く空いているとそこから水が入ってくる。手首部分はベルクロで絞ることができるので、手首部分からの浸水を防ぐことができる。

手首部分

安いレインウエアだとこの部分がゴム製の物があるが、ゴム製のものは長時間着ていると手首部分が痒くなる。

雨天時の安全性を高める反射板付き

雨天時は全体的に暗くなりがちなことに加え、雨によって周りが見えづらくなりがち。そのため、ロードバイクで走行時に横を通る車に自分の存在をアピールして安全性を高める工夫が必要。

反射板

モンベルのレインウエアのほとんどは肩部分にモンベルのマークがあり、その部分が反射材でできている。そのため、遠くからの車のライトでも反射材があることで存在を知ってもらいやすい。

お勧めする理由

ウインドブレーカーとしても春・秋・冬の3シーズン使える

春と秋は少し肌寒い時に使用する

春や秋のウエアは基本的にサイクルジャージを着用して走るが、肌寒く感じるようになってきたらウインドブレーカーなどの出番。

ただ、普通の素材のウインドブレーカーは、体から発された湿気を通さないので、ウインドブレーカーの中に湿気と熱がこもって非常に不快。

一方でストームクルーザーはゴアテックス素材を使っていて透湿性が高く、湿気と熱を放出してくれやすいので、ちょっと肌寒い季節でも快適に走ることができる。

※ただし、非常に薄く軽い素材で作られたロードバイク向けのウインドブレーカーに比べればウインドブレーカーとしての機能は劣る。

冬は極寒でないかぎりこれで十分

雨はもちろん、外からの風を防ぐことができるので、少し寒いぐらいであれば、冬のウエアはストームクルーザーと高機能アンダーウエアの2枚で十分。

なお、モンベルは高機能アンダーウエアも各種ラインナップさせており、その中でもジオラインは使いやすい一方でそこまで高くないのでおすすめ。

ジオラインは生地の厚さが異なる3つのタイプに加え、自転車に特化したものリリースされている。自転車に特化したジオラインMWサイクルアンダーシャツは前部分は中厚手で保温性重視、背中部分と脇は薄手で速乾性重視、さらに背中部分が長くなっていて、前傾姿勢でも腰が出ないような作り。

4,000円+税と普通のジオラインと比べると若干高いが、真冬のロードバイクに使用するのであればこのあたりをおすすめしたい。

荷物を減らしたいロングライド時にも大活躍

宿泊を伴うロングライドではできるだけ荷物を減らしたいもの。また、長い距離を走るので天候の変化にも対応しないといけない。さらに、峠を登る場合は夏でも下りの際は体の冷えを防止するウエアが必要。

ストームクルーザーならこれらの条件を全て満たしているので、ロングライドにはぜひ持っていくことをおすすめしたい。

日常でも使えるので使い回ししやすい

シンプルなスタイルなので、ロードバイク乗車時の使用だけでなく、各種アウトドアや野外フェスなどにも活躍する。また、旅行先やテーマパークでの防寒着としても優秀。もちろん登山にも適しており、夏期の富士山登頂にも活躍できる。

ただ、バーベキューに使用するのはやめたほうがいい。着用したままバーベキューコンロの近くに長くいると、肉と炭の匂いが染み付いてしまいなかなか取れない。また、火に強い素材ではないのでバーベキュー中に跳ねた炭でウエアに穴を開けてしまうことも考えられる。

ゴアテックス素材でこの値段はコスパ高し

基本的にゴアテックス素材を使っているレインウエアは高価。上部だけでも最低1万円後半から。ノースフェイスやアークテリクスのウエアになってくると、5万円ほどと非常に高価。

一方でストームクルーザーは2万円前後の価格。初めての高機能レインウエアとして手を出しやすい。

様々なゴアテックス素材のレインウエアがあるなかで、なぜストームクルーザーを選んだか

様々な用途で使える分、自転車用レインウエアではなくストームクルーザーを選んだ

モンベルはストームクルーザーとは別に自転車用レインウエアの「サイクルレインジャケット」もリリースしている。これはゴアテックス素材を使ったレインウエアで、ヘルメットを着用したまま着用可能なフードや、背中側の裾が長くなっているなど自転車に最適化されているが、価格は23,000円+税とそれなりに高い。

また、安全性を高める理由もあると思うが色は非常に発色が良いプライムグリーンとオレンジレッドのみなので、ロードバイク以外の用途には若干使いにくい。日常でも使用することを想定していたので、ストームクルーザーを選ぶに至った。

ゴアテックス素材のウエアは他にもレインダンサーやトレントフライヤーもあるが・・・・

モンベルのゴアテックス素材のレインウエアは他にもレインダンサーやトレントフライヤーというモデルも存在する。基本的に軽量になるほど高くなる。このあたりは価格と重量のバランス、そしてデザインを鑑みてストームクルーザーを選んだ。特にトレントフライヤーは若干軽くて若干コンパクトに収納でき機能的に良いが、胸ジッパーあたりの加工がどうも好みでなくて・・・(個人的な感想)

  価格(税抜) 重さ 収納サイズ
トレントフライヤー 21,000 215g 7×7×14cm
ストームクルーザー 19,500 257g 7×7×15cm
レインダンサー 16,800 335g 9×9×17cm

サイズの選び方

サイクルジャージなどは体にぴったりとフィットする形状で作られている一方で、レインウエアは中に何か着ることを前提とした若干ゆったりとしたサイズになっている。そのため、極端に痩せていたり極端に太っていたりしない限りは、基本的には以下のサイズ表を参考に自分の身長に適したジャストサイズを選べば特に問題ない。

なお、「胸囲・バスト」は胸の一番高いところを水平に一周りした長さ、「胴囲・ウエスト」は胴のベルトを締める位置を水平に一周りした長さを示す。

メンズサイズ

  S M L XL
身長 155~165 165~175 170~180 175~185
胸囲 86~90 90~95 95~101 101~107
胴囲 72~76 76~81 71~87 87~93

レディースサイズ

  XS S M L XL
身長 143~153 148~158 153~163 157~168 163~173
バスト 74~80 77~83 80~86 84~90 88~94
ウエスト 75~63 60~66 63~69 67~73 71~77

単位は全てcm

気になる点

背中側の裾が(ロードバイク専用のものに比べると)若干短い

ロードバイクでの走行に十分使えるが、自転車専用のサイクルレインジャケットに比べると背中側の裾が若干短い。そのため、小さめのサイズを選び非常に強い前傾姿勢をとった場合に背中側が出て濡れてしまうことが考えられる。ただ、適正サイズを選び、ある程度ストームクルーザーでロードバイクに乗っているが、背中側が濡れて困ったことは今のところない。

背中部分

フード部分が外れない

レインウエアとして使う場合は大きな問題ではないが、ウインドブレーカーとして使う場合はフードが邪魔になることも。このフードは取り外しできない。

サドルバッグの大きさによっては入らない

いくら小さく畳めるからといって、畳んだ状態の大きさは7×7×15cmとそこまで小さくはない。そのため、そこまで大きくないサドルバッグには入らない。サドルバッグの定番であるトピークエアロウェッジパックのサイズMには入るが、サイズSだとギリギリレインウエア以外のものが入らない可能性も。

サイズ 内寸
S L180×W85×H110mm
M L200×W110×H120mm
L L230×W130×H140mm

セールがない

モンベルはセールを実施しない。廃盤品のみ安く販売されることはあるが、基本は定価。逆に考えるといつ買っても損はしないとは言えるが・・・。

とはいえ、楽天などでモンベル商品を取り扱っている店舗だと定価だが楽天ポイントがつくので若干お得。→楽天で販売している店舗例:ストームクルーザージャケットMen's

他の人とかぶる

ストームクルーザーは高機能レインウエアの中では定番と言ってもいいので、持っている人は非常に多い。そのため、よく他人とかぶる。富士登山した際には結構な割合で見かけた。

ストームクルーザーを長く使うためのメンテナンスポイント

擦ったり火の近くに近づけたりしない

ゴアテックス素材とはいえ基本的には普通の素材のレインウエアと扱いは同じ。石などで擦ったり硬いものに引っ掛けたりすると破れたり破損したりする。また、燃える素材でもあるので火の近くに近づけたりすると燃えてしまう。

濡れたままにしない

長時間濡れたままにするとゴアテックス素材の防水透湿機能が低下していく。雨天の中レインウエアとして使った後はハンガーにかけてしっかりと乾くまで陰干ししておく。

汚れたまま放置しておくと撥水性が低下する

撥水性が高いとはいえ、汚れたまま放置しておくと防水透湿機能は徐々に低下していく。目立った汚れがなくても着用するだけでも皮脂やホコリなどで汚れているもの。洗濯しても問題ないので、汚れたら洗濯を行うこと。

なお、「長い間濡れたままにしない(洗濯が完了したらすぐ干す)」や、「干す際は陰干しをする」など、幾つかの注意点があるので、「ロードバイクには高機能レインウエアがおすすめ」の「レインウエアをメンテナンスして防水性を落とさないようにする」を参照のこと。

まとめ

様々なレインウエアがあるが、高い機能性と抑えめの価格のストームクルーザーは非常にコストパフォーマンスが高い。もしレインウエア選びで迷っている場合はストームクルーザーを選んでおけば間違いはないだろう。

なお、レインパンツはペダルを回す際に股部分がサドルと擦れ、使うたびにその部分が劣化していく。一方でロードバイクのレインウエアはストレッチ性が高く走行時の足上げにストレスなく対応できる機能が必要。また、レインウエアは素材の関係上、足を動かすとカサカサという音が出るが、それを軽減できるとなお良い。そのため、ゴアテックス製のサイクルレインパンツがおすすめ。

なお、下半身は上半身に比べ汗や熱が出にくいのでそこそこの透湿性があるドライテック製のもので十分活躍できるので、価格を抑えたいのであればゴアテックス素材のサイクルレインパンツではなく、スーパーストレッチサイクルレインパンツでも良い。

役に立った!と思ったらシェアお願いします。

人気のページ

服装について

ロードバイク虎の巻カテゴリー