フジ

FUJI

MTBの本場アメリカで磨かれた技術で確かな性能のバイクを提供

FUJI/フジ

戦闘力の高いバイクを製造する、日本生まれの老舗ブランド。かくては「日米富士自転車」という日本のブランドだった。レースだけでなく、ストリート系からも支持を集めるマルチパーパスなメーカーで、大胆なフォルムのエアロロードフレームから、クラシカルなスチールバイク、そしてトラックレーサーまで、ラインナップは幅広い。2009年にはUClプロチームヘフレームを供給し、また国内においてもレース活動を開始する。

TRANSONIC2.7

SPEC

  • 価格:240,000円
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:SHlMANO 105
  • ギア:2×11
  • タイヤ:700×23c
  • 重量:8.2kg

空気を切り裂く新生エアロロード

2015年モデルからラインナップに新たに加わったエアロロード。同社のタイムトライアルバイクやトラックバイクのノウハウが随所に活かされた翼断面形状のカーボンフレームを採用し、平坦路の高速走行において大きなアドバンテージを得ることができる。前後ブレーキは制動力が高く、空気抵抗の少ないダイレクトマウントタイプを装備。

SINARI

SPEC

  • 価格:250,000円
  • フレーム:クロモリ
  • フォーク:クロモリ
  • コンポーネント:SHlMANO 105
  • ギア:2×11
  • タイヤ:700×23c
  • 重量:9.3kg

仕上げにこだわったクロモリチューブ

評価の高いレイノルズ製のクロモリチューブをラグで継ぎ、メッキ加工したというトラティショナルかつラグジュアリーなモデル。とはいえ、組み合わせられるパーツはかなり走りを意識したものとなっており、リア11速の105のほか、クロモリ製のストレートフォークを採用することで、シャープな加速とハンドリングを実現している。

ROUBAIX 1.3

SPEC

  • 価格:170,000円
  • フレーム:アルミニウム
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:SHlMANO 105
  • ギア:2×11
  • タイヤ:700×23c
  • 重量:8.4kg

FUJIを代表するアルミロードがフルチェンジ

アルミロードのトッブモデルが待望のフルモデルチェンジ。効率よくパワーを伝える非対称チェーンステーやカーボンフォーク、テーパーヘッドチューブ、1200gを切る軽量フレームでクラストッブの走行性能を実現。

ROUBAIX1.5

SPEC

  • 価格:135,000円
  • フレーム:アルミニウム
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:SHlMANO SORA+TlAGRA
  • ギア:2×10
  • タイヤ:700×23c
  • 重量:8.5kg

将来的にレースも楽しみたい人におすすめ

ROUBAIX1.3と同じフレームに、コラム部がアルミのカーボンフォークと、105よりワンランク下のリア10速のTlAGRAを装備。よりリーズナブルな価格を実現した。フレームサイズが豊富に展開されているのも嬉しい。

SPORTIF2.1

SPEC

  • 価格:100,000円
  • フレーム:アルミニウム
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:SHlMANO SORA+TlAGRA
  • ギア:2×9
  • タイヤ:700×25c
  • 重量:9.8kg

長距離ライドも楽しめる新型のエントリーアルミロード

前傾のゆるいアップ・ライトな姿勢で長距離も快適に走れる新型エンデュランスロード。日本別注カラーが施されたアルミフレームにはリアキャリアを取り付けるための台座が装備されており、ツーリングにも活躍。

ロードバイクメーカー詳細

ロードバイク虎の巻カテゴリー