ジオス

GIOS

ジオスブルーと呼ばれる鮮やかな青がイメージカラー

GIOS/ジオス

ジオスブルーと呼ばれる、鮮やかな青が特徴のジオス。1948年に元プロサイクリストで、オリンピックのイタリア代表に選ばれるほどの選手だったトルミーノ・ジオスによってイタリアの工業都市・トリノに設立された老舗ブランド。170年代にはブルックリンチームにバイクを供給し、ロジェ・ド・ブラマンクの活躍により名声を高めた。リヤエンドが可変することでリヤセンターとハンガー下がりを可変できる「コンパクト」シリーズは、ジオスの名作。'68年に長男のアルフレードと三男のアルドが会社を継ぎ現在に至る。このメーカーの真骨頂はロードバイクにあるが、MTBも実にマニアックな製品を製作している。人とは異なる自転車を求める人には、その期待を裏切らないだろう。ミドルグレードが充実していることもあり、日本でも幅広い層に受け入れられている。キッズモデルのラインアップも充実。

AEEITE

SPEC

  • 価格:125,000円
  • フレーム:アルミニウム
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:SHlMANO TlAGRA
  • ギア:2×10
  • タイヤ:700×23c
  • 重量:9.6kg

オーソドックスで信頼性の高いアルミバイク

フレームには重量あたりの強度に優れた7005系アルミチューブを使用。ベントタイプのカーボンフォークを組み合わせることでロングライドでの快適性を向上させている。コンポーネントは変速機からブレーキ、ホイール、チェーンに至るまで信頼性の高いシマノ製で統一されている。シンプルで飽きのこないアルミバイクの秀作だ。

SIERA

SPEC

  • 価格:85,000円
  • フレーム:アルミニウム
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:SHlMANO CLARlS
  • ギア:2×8
  • タイヤ:700×25c
  • 重量:9.5kg

上位モデルの軽量フレームを受け継ぐ

ALLlTEと同じくシンプルな形状を持つアルミフレームにシマノのエントリー向けコンポーネントであるCLARlSをアッセンブル。それによって10万円を大きく切るリーズナブルな価格を実現している。タイヤを少し太めの25Cサイズにすることで、乗り心地を高めるなど、スパルタンな上位モデルとの差別化が図られている。

FELLEO ULTEGRA

SPEC

  • 価格:215,000円
  • フレーム:クロモリ
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:SHlMANO ULTEGRA
  • ギア:2×11
  • タイヤ:700×23c
  • 重量:9.4kg

ULTEGRAをフル装備した走りのクロモリロード

シンプルなクロモリフレームにレースでの使用率も高いシマノの上級コンポーネント、ULTEGRAをフル装備したモデル。決して軽くはないが、上質な変速フィーリングとマイルドな乗り心地がアドバンテージだ。

AIRONE

SPEC

  • 価格:125,000円
  • フレーム:クロモリ
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:SHlMANO TlAGRA
  • ギア:2×10
  • タイヤ:700×23c
  • 重量:9.8kg

信頼性の高いパーツアッセンブル

FELLEOと同様、細めのホリゾンタルフレームにカーボンフォークを組み合わせたクロモリロード。コストダウンされやすいクランクやブレーキまでシマノ製を装備。TlAGRAで統一した良心的なパッケージが魅力。

FENICE

SPEC

  • 価格:95,000円
  • フレーム:クロモリ
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:SHlMANO CLARlS
  • ギア:2×8
  • タイヤ:700×25c
  • 重量:10.2kg

ツーリングに適した汎用性と快適性を備える

こちらもクロモリフレーム+カーボンフォークという構成だが、少し太めの25Cサイズのタイヤを採用し乗り心地を向上。併せて最大歯数30Tのスプロケツトを装備することでツーリングに適したスペックとなった。

ロードバイクメーカー詳細

ロードバイク虎の巻カテゴリー