ルック

LOOK

全てのカーボン技術において大きなアドバンテージを持ち、他社の追随を許さない

LOOK/ルック

フランスの高級レーシングブランドであるルックは、カーボンフレームのパイオニアである。

その歴史は古く、1951年フランスでスキ一用品メーカーとして設立し。1984年にスキーのビンディング機構を用いた業界初のビンディングペダルを発表してサイクルシーンにデビューした。

1986年よりフルカーボンフレームの製造を開始。この年、プロトタイプのカーボンフレームを、G・レモンが駆りツール・ド・フランスを初制覇した。

以降、本格的にカーボンフレームの製作・販売も行い、ペダルだけでなく、カーボンフレームメーカーとしての地位を確実にした。

もちろん現在でもカーボンを取り扱う技術に長け、多くのメーカーがOEM生産に頼るなか、高度な製法を用いて自社工場にてカーボン素材をチューブに仕上げることのできる数少ないメーカーのひとつだ。

一般的に語られるカーボンフレームのバネ感ある乗り味は、ルックの性能を指してのものだ。

ルックのバイクはツール•ド•フランスはじめグランツールでの優勝を重ね、トラックレースでもメダルを量産するなどレースシーンで高い評価を得ている。

感性に訴える上質な走りが特徴で、フレームセット(フレーム単体)の高級モデルが中心。一部完成車も販売している。

ロードバイクメーカー詳細

ロードバイク虎の巻カテゴリー