アマゾンのセールで買うべきロードバイク用品

Amazon sale

年に数回アマゾンのセールが行われるが、それまでほしいと思っていたものも、いざセールとなると何が欲しかったか忘れてしまうことが多々ある。ここでは、セールで購入するオススメのロードバイク用品をカテゴリ別に紹介していく。
アマゾンのセールで買うべきロードバイク用品

はじめに

セールについて

セール中いつでも値引きされているものと、数量限定・時間限定で値引きされるものの2つに分かれている。過去のセール実績を踏まえて、値引きされるかどうかを併せて紹介する。なお、過去の実績を参考にしているため、今回のセール対象でない場合もあるので、購入前に確認しておくこと。

あと、セールによっては、10,000円以上購入すると、ポイントが付与されるものもあるため、通常価格と同じであっても、「もう少しで10,000円」という場合には、チューブやブレーキシューなど、そのうち消費するパーツを購入するとよい。

セール対象となりそうなもの

サイクルウェア

サイクルウェアブランドのパールイズミとカペルミュールは毎回一部商品がセール対象となっている。もっと安いウェアは沢山アマゾンにて販売されているが、体に直接触れるものなので、長く快適に使いたいのであれば、できるだけ良いものを選んでおきたい。

プロテイン

プロテインは少量で購入すると割高なので、セール中にある程度の量をまとめ買いしておくといい。

アマゾンの良いところは、注文したらすぐ届くところと、少額でも配送料がかからないこと。プロテインでおなじみの「マイプロテイン」もセールで購入すると安いが、到着まで1ヶ月ほど時間がかかったり、8,000円を超えないと発送料が別途必要になったりと、制限が多いのが難点。事前に味や飲み心地を知っておけば、大量に購入して飲みきれず、余らせておくこともない。

プロテインもセール対象になるものならないものが別れているので、注意。ザバスは割とタイムセールになりやすいので要チェック。

リュック

ロードバイク定番リュックのドイターもセール対象となっていることがある。単価が高いため、割引率も高め。この機会に手に入れておくのもよい。価格は普通の価格であっても、よく見ると注文確定時に割引になったり、ポイントが別途付いたりするため、25%引きぐらいで購入できることもある。

参考リンク ロードバイクで使うリュックはドイターのレースXがおすすめ

セール対象になりにくいが消耗品も確認しておきたい

セール対象でない場合も、通常価格よりも安く販売されていることがあるため、セール中一度は確認しておきたい。

ブレーキシュー

ブレーキシューは溝が外側から見えるので、交換時期がわかりやすい。ただ、交換時期が来て購入するよりも事前に準備しておくほうがスマート。

上位グレードのブレーキシューは、メンテナンスの際は中身のカートリッジだけを交換すればいいので、長い目で見ると経済的。交換も簡単なので、まだの人は早いうちにアップグレードしておくこと。

上記のものはデュラエース・アルテグラ・105のブレーキシュー。紹介写真だけではわかりにくいが、2セット(4本)入っているので、1セットだけ購入するよりも圧倒的にお得。

ウェス

不織布ウェスの超定番であるクレシアワイプオールは2020年秋にリニューアル。柔らかくなったのが特徴。毛羽立たず、水に濡れても破れず、そこそこの厚みがあって拭き取りやすいなど、ロードバイクのメンテナンス時以外にも、家や車の掃除や、靴磨きにも使えるので、使用頻度は高め。家にあれば様々な場面で役に立つ。

このような機会に買いだめしておくといいかも。旧製品はセールの際、若干値引きされて販売されるが、現状、リニューアル版のほうが平常価格が安いので、比較するといいかも。

チェーンクリーナー

手軽にチェーンを綺麗にできる一方で消費が激しいのがスプレータイプのチェーンクリーナー。一度スプレータイプを使うと、液体タイプのものには戻れない。消耗品と考えて、この機会に揃えておく。

今回のおすすめ

予算に余裕があるのであれば、アップルウォッチをおすすめしたい。走行時のペース配分や心拍数の把握、走行ルートの記録、消費カロリーの計測など、様々な事象を数値化してくれ、走行をより楽に快適にしてくれる。

日々の運動管理も可能なので、ロードバイクで自転車通勤しながらダイエットしようと考えている人にもおすすめ。

参考リンク ロードバイクガチ勢でなければアップルウォッチを購入しよう

注意点

セールで○○円値引きとか記載されていて、お得に見えるが、セール前よりも定価を上げて、見た目だけ安くしている商品もある。特に、アマゾン公式でない店舗が、日本語のあやふやな商品でそのような見た目だけセールを行っていることも多い。

安いものを購入したいという気持ちは当然のことながらも、安物買いの銭失いにはならないよう、注文の際はしっかりと商品を見極めること。できれば、信頼のおけるメーカーのものを選ぶと結局は安くつくことが多い。

あと、セールはプライム会員限定の場合があるので、まだ加入していない場合はプライム会員になっておくといい。詳細は以下より。

参考リンク ロードバイクを買ったらアマゾンプライムに入るべき8つの理由

人気のページ

ロードバイクを買おう

ロードバイク虎の巻カテゴリー