フラットペダルの場合はどんな靴を選べばいいか

In the case of a flat pedal, what kind of shoes should I choose?

フラットペダルを用いる場合は普通の靴で走ることができる。ただ、靴といっても千差万別でロードバイクで走ることに向き不向きが存在する。ここではフラットペダルで走る際に適したシューズを紹介する。

フラットペダルの場合はどんな靴を選べばいいか

はじめに

ロードバイクだからといってビンディングペダルを使わないといけないわけではない

ロードバイクの基本はビンディングペダルだが、日常使いや歩くことが多い場合はいくら「歩きやすい」といわれるSPDシューズであっても普通の靴に比べると歩きにくい。

そして、専用の靴でないとビンディングペダルを活用できないので、通勤通学にはビンディングペダルは使いづらいという人も多いだろう。

そのため、ロードバイクであってもペダルにはフラットペダルを用いている人も少なくない。

片面がビンディングペダルになっていてもう片面がフラットペダルになるペダル

なお、ビンディングペダルには片面がフラットでもう片面がビンディングとなっているペダルがある。走りこみたいときにはビンディング部分を使用し、通勤通学時にはフラットペダルを使用するといった活用ができる。

フラットペダルという選択もアリ

走りやすい工夫が盛り込まれている

ビンディングペダルはロードバイクで早く遠くに走るために最適化されたペダルだが、フラットペダルでも、グリップ力を高めるために側面がギザギザになっていたり、踏み面を広げた形になっていたりなどさまざまな工夫がなされているので、走りやすいように設計されている。

とっさの場合でも足を着ける

また、ビンディングペダルのように足とペダルを固定しないので、とっさの時に地面に足を着けることができることは安全面からみると大きなメリットである。

着脱の手間がないので街中で使いやすい

街中など信号や停止線の多い場所での停止と発進を繰り返すような個所では着脱の手間がない分フラットペダルが便利。

普通の靴でも使えるという圧倒的なメリット

そして、フラットペダルの一番のメリットは、普通の靴でも乗車できるということ。ビンディングシューズはロードバイク乗車には適しているが、決して歩きやすいものではない。

ロングライドのついでに周辺を観光するために長距離を歩くという場合は、ビンディングシューズよりも普通の靴のほうが適している。

フラットペダルに適した靴とは

ビンディングシューズはロードバイクで走行するのに最適な形状になっているが、フラットペダルの場合はどのような靴が適しているかを考えていこう。実際には、短い距離なら運動に適した靴であればどんな靴でもあまり不都合を感じず乗れる。手持ちのスニーカーで十分だ。

ただ、今後ロードバイクに乗る時に適した靴を購入したいと考えている人や、効率的にペダルを回したいと考えている人はぜひ以下で紹介する点を考慮するといいだろう。また、手持ちの靴でも以下の条件を満たす靴を選ぶことをお勧めしたい。

これらの条件を少し意識することで毎日の走りを少しでも快適にできるようになる。

靴底がラバー製で平たいもの

ペダルと靴底が密着していればしているほど足の力を十分にペダルに伝えることができる。そのため、靴底がフラットな靴が望ましい。

ヒールの高い靴はペダルに密着させることが難しいので、ロードバイクに不向きというのはすぐわかるが、一見靴底が平べったい靴でも、例えば溝の深いトレッキングシューズは底面に凹凸が多く、ペダルとの相性はよくない。

ビジネスシューズは靴底がフラットのものが多いが、グリップ性に優れないため、ペダルにうまく密着しないのでこれも不向きである。

適しているものとしては靴底が平たく(滑り防止の溝はできるだけ小さいもの)、グリップ性に優れているラバー製のソールを使った靴。ペダルとソールの密着度が高まり、より大きな力をペダルに伝えることができるようになる。

あと、靴底が超薄いものも適していない。強くペダルを踏むような場合、ペダル面の凹凸による足の裏への負担は意外に大きく、長い時間走ると足の裏が痛くなるためだ。

靴底が固いもの

ペダルの軸に拇指球を重ねて踏むことがペダリングの基本。効率よく足の力を伝達させるためにはその接点が硬くなくてはならない。ランニングシューズなど靴底が柔らかいものは足の力を効率的に伝えることができない。ロードバイクとランニングでは足の使い方も異なるためだ。

適しているものとしてはソールの母指球の部分が固いものだが、ピンポイントで底の部分が固いかどうかはわかりづらいので、選び方としてはソールが固いものを選ぼう。

カカトがシューズにしっかりと引っかかるもの

ペダルを回す際の基本動作のひとつ、「引く」をサポートするのが靴のカカト部分。足を引いた時にカカトがシューズにしっかりと引っ掛かれば、ペダルとソールの接点に力をかけやすくなる。そのため、足首をしっかりと固定できるような靴がいい。

逆にカカト部分がない靴や引っかかる箇所がないような靴は不向き。特にスリッパタイプのサンダルは、足首を固定できず乗車中に脱げてしまうこともあるのでお勧めできない。

靴紐を収納または束ねられる機能があるといい

多くのスニーカーが靴紐タイプだが、靴紐タイプのものは靴紐がチェーンリングに触れてほどけたり、ほどけた靴紐がクランクやペダルに絡まったりすることも考えられる。

ビンディングシューズには上の矢印箇所のように靴紐を収納できる箇所が備わっている

そのため、靴紐が収納できたり束ねられる機能があるといい。ビンディングシューズには上の矢印箇所のように靴紐を収納できる箇所が備わっている。ただ、普通のスニーカーで靴紐が広がらないようなバンドが備わっているものは少ないのが現状。

ベストはベルクロ式の靴。靴紐がないのでほどける心配がない。ただし、あまり種類がないことと、着脱時に大きな音が出てしまうのでこの辺りは好みの問題に。

通気性に優れている

夏はもちろんだが、冬でも一定時間ペダリングしていれば必然的にシューズの中は体温と汗で蒸れてくる。快適に走るためにもできるだけ通気性の高い靴を選ぼう。ブーツや革靴で通気性を求めるのは難しいが、多くのスニーカーが通気性が高くなるように設計されているので、それらを選ぶといいだろう。

なお、春から秋まではメッシュなどの速乾性のある生地が使われていると快適だが、冬は通気性が高すぎると外気温で足から冷えてしまうのでメッシュ素材は推奨されない。例えばニューバランスのMRL996は甲の部分がメッシュ素材なので寒い時期に走るとその部分が非常に寒い。

向いていない靴

ビジネスシューズ・ヒールの高い靴

多くのビジネスシューズやヒールの高い靴は運動することに重きを置いているわけではない。もちろん、ロードバイクでガンガン走ることなど全く考えられていない。非常に短い距離なら走行できないわけではないが、ペダルとかみ合いづらく、十分な力を発揮できないだけでなく、走行中にペダルに触れるなどして靴自身が傷ついたりするのでお勧めしない。

ペダルによっては滑り止め防止のピンがついているものもあり、革靴の靴底はそこまで固くないため、ピンによって靴底を大きく傷つけてしまう。

自転車通勤をする場合はこのような靴ではなく、ロードバイクに適した靴で自転車通勤を行って会社でビジネスシューズに履き替えたり、ビジネスシューズに近い形状の靴を選ぶほうがいい。

サンダル

足の力をペダルに十分に伝えることができないだけでなく、なにより足を傷つけがちなので危険。

フラットペダルにおすすめの靴

クローム TRUK

自転車に特化した靴を作っているメーカーなので、このメーカーの靴なら基本はどれを選んでも自転車に適している。中にはビンディングペダルに使えるものもあるが、フラットペダルのみで運用する場合はビンディングがないタイプが価格も安くおすすめ。

おすすめはTRUK。ただし、この靴の問題点としては店舗が少なく品もそこまで流通していないこと。そのため、アマゾンなどでは定価より高く販売されていることもあるので注意したい。

アディダス スタンスミス

アディダスのスニーカーは底が固くフラットになっているものが多いのでフラットペダルに適している。さらに、スタンスミスはカカト部分が厚めに作られているので、引き足時にカカトへの負担も少ない。

さらにベーシックな靴でもあるのでロードバイク以外の場面でも使いやすいし、黒を選べば自転車通勤にも使いやすいし、スタンスミスは全国の靴屋で販売されているので、購入しやすいというのもメリットの一つ。ベルクロモデルもあるので、靴紐がほどける心配もない。ちなみにベルクロモデルの黒はあまり見かけないので、手に入りやすい靴紐タイプを選ぶことになりそう。

コンバース オールスタークップ モノレザーOX

上記で紹介しているスタンスミスと同様に、ロードバイクを使った自転車通勤に適しているのがこのオールスタークップモノレザーOX。コンバースのオールスターはスニーカーの定番中の定番だが、そのオールスターのスムースレザーモデル。黒一色のドレス仕様なのでスニーカーの履き心地ながらも通勤にも使いやすい。

役に立った!と思ったらシェアお願いします。

人気のページ

ロードバイクで走ろう

ロードバイク虎の巻カテゴリー