ペダルの基礎知識

Basic knowledge of pedal

ペダルは走行時のペダリングだけでなく、乗ったり降りたり、あるいは歩いたりする時の使い勝手にも大きく影響する。まずはどんな種類のペダルがあるかを知って、自分のスタイルや好みに適したペダルを選びたい。
ペダルの基礎知識

ペダルには2つの種類がある

ペダルは脚力を回転運動に変えるパーツで、大きく分けて2種類ある。ひとつは普通の自転車についているようなペダルの「フラットペダル」。もう一つはスポーツサイクル特有の「ビンディングペダル」と呼ばれるペダル。ロードバイクに何を求めるかによって、どちらのペダルを選ぶかが変わってくる。

フラットペダル

ビンディングペダル

ロードバイクの用途によって選ぶペダルが変わってくる

自転車通勤や街乗り中心ならフラットペダル

ロードバイクを通勤や街中の移動に使うなど、普通の靴を履かなくてはならない場合には、フラットペダルがいい。フラットペダルはどんな靴でも使うことができるので、普通の自転車と同じ感覚で運用できる。

また、普通の自転車に乗り慣れていない人はフラットペダルで自転車に慣れることが必要だ。

レースやロングライドならビンディングペダル

レースやロングライドにロードバイクを使用するのであれば、ペダリング効率に優れたビンディングペダルがいい。

ビンディングペダルとは「シューズと合体するペダル」のこと。ビンディングペダル普通のペダルとは異なり、専用のシューズがクリートという金具を介してペダルに固定できる。ペダルを踏み込む力だけでなく引き上げる力も使えるようになる。そのため、パワーを効率よく伝達でき、長距離や長い登り坂といった場面でも楽に走ることができる。

ただし、両足の靴がペダルに固定されることへの不安や恐怖心から、ビンディングペダルは敬遠される傾向がある。

フラットペダル

フラットペダルはその名の通りペダルの裏表が平らになっており、スニーカーなどの普通の靴で漕ぐことができる。そのため、気軽に乗りたい場合や街乗りに向いている。

普通の自転車と同じ感覚で乗車できるのでスポーツ自転車が初めての人でも扱いやすいし、前の車にぶつかりそうな場合など、いざという時にも瞬時に足をついて転倒や事故を防ぐことができるので、スポーツバイク初心者の人でも安心して走行できる。

MKS CT-LITE シルバー 参考価格:2,160円

金属製のペダルなので多少荒い踏み方でも大丈夫だし、ハードな使い方にも耐えられる。値段の割にはペダルを回しやすいので、はじめてのロードバイクペダルとしても適している。別途色違いの黒もある。

ビンディングペダル

ビンディングペダルはペダルと足を固定できる

ロードバイクのペダルとシューズを、クリートという金具を使って固定するシステムを「ビンディング」と呼ぶ。もともとスキーで使われていたシューズを固定する技術を、自転車のペダルに応用したもの。そして、ビンディングシステムがついているペダルをビンディングペダルと呼ぶ。

ビンディングペダル

専用のシューズも必要

ビンディングペダルを使うには専用のシューズも必要。後述するが、このシューズの裏面にペダルとシューズを固定するクリートというパーツを取り付けることができる。

ビンディングシューズ

固定にはクリートと呼ばれるパーツを使用

ビンディングペダルにはクリートという金具が付属しており、工具を使ってクリートを専用のシューズの裏に取り付ける。

ビンディングシューズ

走行時はクリートをビンディングペダルにはめ込むことで、ペダルとシューズが固定される。なお、かかとを外側に動かすと外すことができる。

クリートと合体した状態

ペダルとシューズが一体化すれば、フラットペダルのようなペダルを上から下へと押す力だけでなく、下から上へと引き上げる時の力も、効率的に回転連動へと変えることができるようになる。

ビンディングペダルにも様々な種類がある

ビンディングペダルは大きく分けてロード用・MTB用の2つのタイプがある。さらにそれぞれに本格的なレース仕様のものから、ツーリングやサイクリングに適したカジュアルなものまで様々。またシューズも、ロード用・MTB用と別れている。このあたり詳しくは「初心者向けビンディングペダルの選び方」で紹介しているので参考に。

 

役に立った!と思ったらシェアお願いします。

人気のページ

パーツ交換でアップグレード

ロードバイク虎の巻カテゴリー