ロードバイクを始めるならビンディングペダルがおすすめの2つの理由

Two reasons binding pedal recommend if start the road bike

ロードバイク本来のスペックを発揮させたいなら、ビンディングペダルが必要不可欠だ。フラットペダルが走りやすいからといって満足していてはいけない。ただ、足を固定してしまう恐怖感から避ける人も多いが、早く遠くに走るためにも、このビンディングペダルは絶対におすすめだ。

ロードバイクを始めるならビンディングペダルがおすすめの2つの理由

ビンディングペダルとは

ビンディングペダルとペダルに足を固定できるペダルのこと

ロードバイクのペダルとシューズをクリートという金具を使って固定するシステムを「ビンディング」と呼ぶ。もともとスキーで使われていたシューズを固定する技術を、自転車のペダルに応用したものだ。

そして、ビンディングの専用ペダルがビンディングペダルという。ビンディングペダルにはクリートという金具がついており、専用のシューズの裏でクリートをひっかける仕組みになっている。これにより、ペダルとシューズが一体化し、すべての脚力をロードバイクに伝えられるようになる。

ロードバイク初心者にもおすすめしたい2つの理由

理由1.ビンディングペダルは「引き脚」を動力に変換できるので早く遠くに走れる

ロードバイクでのペダリングでは「引き脚」が重要な要素だ。例えばフラットペダルであれば踏んで漕ぐため、下方向へペダルを回すことはできても、上方向にペダルを回すことはできない。

一方で足をペダルに固定して引き上げられれば、その分の力も加わりより効率的にペダリングすることができる。このペダルを引き上げる動きを「引き脚」と呼ぶ。

引き脚を使うと、それまで以上にペダルを回す力が強まるので、初めてビンディングペダルを装着するとその凄さに驚くだろう。また、ビンディングペダルは勾配のきつい登り坂や、長距離ライドにおいて抜群の性能を発揮し、早く遠くに走れるようになる。

理由2.ペダルの正しい回し方を覚えることができるので効率的な漕ぎ方をマスターできる

初心者におすすめする理由はもう一つる。普通の自転車に乗っていると、どうしてもペダルをカカトで踏んでしまう癖がついている。しかし、ロードバイクはカカトでペダルを踏むように最適化されていない。そのため、無理な力やパワーロスが発生してしまっているのだ。

ビンディングペダルだと、ビンディングを取り付ける位置が決まっているので、必ず一定の場所でしかペダルを踏まなくなる。そうすることにより体に正しいペダリング位置を覚えさせることができる。

ビンディングペダルのデメリット

ビンディングペダルのデメリット

デメリット1.万が一の事故に対応しづらい

ビンディングペダルを装着時に、突然前から車や人が飛び出してきたら足をペダルから外して地面に踏ん張ることができるだろうか。

何もできずに自転車ごと転倒してしまうのではないか。など、ビンディングペダル初心者にとって最大のハードルだろう。

デメリット2.慣れないうちは弱い力でも外せる設定にしておく

いざという時にとっさに足を外せるようにビンディングペダルメーカーも対策を考えている。例えばシマノ、ルック、タイムなどがリリースしているビンディングペダルのほとんどは、足を外す動作に使う力を調整できる。

ビンディングペダルの付け外しに慣れない時期は、非常に弱い力で外せるようにしておけば、いざという時に軽い力で外せるようになっているのだ。

ビンディングペダルを始めるのに必要なアイテム

ビンディングペダル

まず必要なのはビンディングペダル。大きく2つの種類があり、1つはMTB用のビンディングペダル。もう一つはロードバイク用のビンディングペダル。ロードバイク用のほうがより効率的に力を伝達できるように設計されている。

ペダルを買うとペダルに固定するための器具である「キャッチ」や、ペダルから外すための「リリース」などがついてくる。ビンディングペダルを扱っているメーカーは複数あるので、以下で主なメーカーを紹介する。

メーカー名 特長
シマノ シマノはロードバイクやMTB、シティサイクルなどのコンポーネントで世界最大シェアを持つ日本のメーカー。このメーカーのビンディングは、固定力が高く安定した踏み心地を持つ。クリートは角度が固定されたものと、角度を調整できるものがある。日本のメーカーということもあり、多くの自転車店で取り扱っており、手に入れやすさと手ごろな価格が魅力だ。
ルック ビンディングペダルを開発した老舗メーカー。ロードバイクのフレームの製造も行っており、非常に人気の高いフレームをリリースしている。ビンディングは比較的着脱しやすいので、初心者が安心して使用できる。
タイム フレームメーカーのタイム。このメーカーのペダルの形は特殊なことが特長。独自に進化したペダルは軸から踏み面までの距離が近いので、ダイレクトで安定感のあるペダリングが可能。なお、こちらのフレームもルックと同じく非常に人気が高い。
スピードプレイ 他のメーカーとは異なり、着脱機能をクリート側にもたせた独特の設計のメーカー。このメーカーのペダルは非常にコンパクトなので、クリアランスが広く、曲がるときにロードバイクを傾けてもペダルが地面に接触しにくい。

ビンディングシューズ

ビンディングペダルにはそれに接続できる専用のシューズが必要だ。ビンディングシューズにはクリートを取り付けられるだけでなく、ロードバイクに必要な脚力を全てペダルへ伝達できるように様々な機能が盛り込まれている。

SH-R171ロードシューズ 17,829円

レースからロングライドまでこなせる人気のロードシューズ。ペダリング効率と軽さを追求している。

SH-CT41クリッカーシューズ 6,900円

クリッカーペダルと合わせて使えるシューズ。ビンディングペダル入門にちょうどよい。色は緑と黒の2タイプ。歩きやすいので、ロードバイクを使った旅行やちょっとした外出など様々な場面で活躍できる。

ペダリング効率はソールの硬さで決まる

シューズのソールの材質はさまざまだ。クリートを装着する部分だけを硬くし、それ以外を柔らかにすることでスニーカーなみの歩きやすいものから、ソール全体にカーボンファイバーを使用して剛性を極限まで高めているものがあるなど様々だ。

一般的にソールの底面が硬くなるほど足の力を効率よく伝えられるが、歩きにくくなる傾向があるので、どのような用途で使うかによってシューズを決めるとよい。

クリート

クリートはビンディングシューズに取り付けてビンディングペダルと接続する金具のこと。靴底への固定は、付属のネジを使用する。

クリートの形はメーカーごとに形が違うので他のメーカーのものは使えない。また、同じメーカーでもシリーズが異なれば固定するねじの位置や数が異なるため固定できないので注意したい。ここではシマノのSPD-SL専用クリートとSPD専用クリートを紹介する。

SPD-SL専用クリート

SM-SH11 1,536円

SPD-SL専用クリートはペダルを踏むタイプにあわせて3種類用意されている。最初はこぎやすい黄色から始めよう。

SPD専用クリート

SM-SH56 1,473円

金属製のSPD用クリートで多方向に外せるマルチリリースのSM-SH56。他にもひねる動きでしか外れないシングルリリースのSM-SH51がある。 画像だと大きく見えるが、超小さい。

クリートカバー

SM-SH45 クリートカバー 1,341円

クリートはむき出しになっていることが多く、そのまま歩くと地面がクリートを削る形になるので、少しずつすり減っていく。

それを防ぐためにクリートの減りをおさえる「クリートカバー」という商品もある。この商品はSPD-SLシューズ専用。SPDシューズにはつけられない。

まとめ

ロードバイクの世界をさらに大きく広げることができるビンディングペダル。これをつけることによりロードバイクの世界がさらに広がるので、これからロードバイクを購入する人はもちろん、ある程度ロードバイクに乗っている人にもおすすめだ。何を選んでいいかわからない人は「初心者向けビンディングペダルの選び方」を参考にどうぞ。

あと、ビンディングペダルであろうがなかろうが、外で走る以上事故の危険性はゼロではない。保険は自分の身を守るためだけでなく、相手への補償も備えることができるので自転車保険には入っておこう。

 

役に立った!と思ったらシェアお願いします。

人気のページ

パーツ交換でアップグレード

ロードバイク虎の巻カテゴリー