寒い冬でも快適に走るための服装・バッグ・アイテム

Clothing bag items to run in comfort even in cold winter

冬は運動不足になりやすい季節。そんな冬でも装備をしっかり整えればロードバイクで快適に走ることが可能。ここでは快適に走るためのおすすめの服装やアイテムを紹介する。

寒い冬でも快適に走るための服装・バッグ・アイテム

はじめに

装備をしっかり揃えれば夏より走りやすい

寒い冬、ロードバイクに乗るのが億劫と思う人もいるかもしれないが、実は夏よりも冬のほうが走りやすいのだ。

というのも、夏は日差しが強すぎて昼の12時~14時頃は外に出るのを避けたほうがいいという状況。どれだけ装備を整えていようとも、外で走ることは危険。

一方で冬は寒いが、体を動かせば体が温まるので、道路が凍結していたり、雪が降っていたりしない限りは寒さ対策をしっかりしていれば、夏よりも走りやすい

対策すべき冬の走行時に感じる寒さの一番の要因は冷たい風。つまり冬は防風性を重視することが大切。この後服装を紹介していくが、ほとんどのウエアが防風性の高いものになっている。

冬の服装は重ね着が基本

冬は体温調節が非常に重要。走る前や走り出しは体が温まっていないため、ある程度の暖を取れる服装が必要だし、走り出して体が温まってきたら今度は体から発する熱で衣服内が蒸れてしまうことが問題になる。

もちろん、外の風は寒いため、風からは身を守る必要があり、ウインドブレーカーなどの風を通さない素材のものが必要な場面は多い。

このように状況に応じて必要な服装は異なるため、脱ぎ着しやすいモノを重ね着して、状況にあわせて着脱していくスタイルが便利。

ダウンジャケットでは暑すぎる

冬は寒いが、ロードバイクにダウンジャケットはやめておこう。走り出しレベルであればそう問題ではないが、走り出すと暑いだけでなく、ダウンジャケットの得意分野である中の熱を外に出さないので、衣服内が蒸れて非常に辛い状況になる。

服装(上半身)

冬の寒さは地域や時期によってさまざまで気温によって変える必要があるが、4タイプのウエアを揃えておけばほとんどの状況に対応できるので万全。

気温による服装目安

気温 おすすめの服装
~15度 サイクルジャージ(長袖)
15度~10度 サイクルジャージ(長袖)+アンダーウエア
10度~5度 ウインドブレーカー+アンダーウエアorサイクルジャージ(長袖)
5度~0度 サイクルジャケット+アンダーウエア

ポイントはロードバイクに乗り始めのしばらくの間は寒いが走り始めたら体が温まってくることと、ロードバイクは激しい運動なので冬でも汗をかくため汗対策が必要なこと。

今回紹介する組み合わせであれば様々な状況に対応できるだけでなく、速乾性の高いものをアンダーウエアとして使用しているので、汗をかいたとしても乾きやすく、汗で体を冷やしてしまうようなことを避けられる。

また、重ね着をしておき、熱くなったら脱いでいって体温の調節を図ることも必要。 冬のウエアは何を揃えればいいかわからない人は、とりあえずこの4点を揃えておくことをおすすめする。

1.アンダーウエア

サイクルジャージの下に着たり、サイクルジャケットの下に着たりと冬の着用率が高めのアンダーウエア。気温が10度を下回る場合はとりあえずこれを着て上に何か羽織っておけば間違いがない。

その特徴は体を冷やしにくく、速乾性が高いこと。体の汗を吸い、短時間で乾かしてくれるので、通気性の低い衣服内での蒸れを防ぐ。冬のアンダーウエアといえばユニクロなどのヒートテックが一般的だが、それはあくまで街用であり、素早く乾かす機能がないので汗が乾きにくく、インナーが濡れたままであれば汗の水分で体を冷やしてしまいがち。こうなるとせっかく外からの寒さを防いだとしても意味がない。インナーには速乾性の高いものを着ておこう。

また、そのようなヒートテックは汗に反応して温まる性質を持っているので、ロードバイクの漕ぎ始めはそう暖かくなく、熱くなってきて汗をかき始めて初めて暖まってくるので、ロードバイク乗車時にはこのような機能は逆に不要。

触った瞬間に暖かさを感じるパールイズミの長袖 アンダーシャツ

選ぶのはスポーツに適したアンダーウエア。ベストはパールイズミのヒートテックセンサーロングスリーブ。自転車用に作られており、気温5度でも耐えられる暖かさと速乾性が特長。生地の肌触りも良く伸びもいいので体の動きを妨げることなく長時間の走りでも快適に過ごせる。自転車に特化したウエアというだけあって背中部分の生地が長く、前傾姿勢が取りやすいのも地味に便利なポイント。

背中部分の生地が長く、前傾姿勢が取りやすい

もちろん、自転車以外のスポーツに使ってもその威力は半端なく、登山やスキーなどこれさえあれば冬のスポーツ全般に対応できる優れもの。5度までならこの上にウインドブレーカーを羽織るだけでも十分対応ができる。弱点はアンダーウエアとしては割高だが、その機能性を考えればそう高くはない。

コストパフォーマンスに優れたモンベルのジオライン

モンベル ジオラインL.W. 価格:3,239 +税

もう少し安く抑えたいのであればおすすめなのがモンベルのジオライン。こちらは登山アイテムの一つだが、暖かくて動きやすく、速乾性が高く、それでいてそこそこの価格で抑えられている。

特に、自転車通勤する人は毎日アンダーウエアを選択するので2~3枚は持っておきたいもの。価格も抑えめなのでこちらで揃えておくのも手。3タイプの厚さでリリースされているが、ロードバイク用の場合は一番薄いタイプのジオラインL.W.を選ぶ。このアンダーウエアとサイクルジャージの組み合わせであれば、10度程度であってもそう寒くなく蒸れず快適に走ることができる。

参考:モンベルジオラインの厚さ総称

厚さ 総称
厚手 エクスペディション/EXP.
中厚手  ミドルウエイト/M.W.
薄手 ライトウエイト/L.W.(ロードバイクにはコレ)

また、この上にウインドブレーカーやサイクルジャケットなど気温に応じて羽織るものを変えることで寒い冬でも様々な状態に対応できる優れもの。

おすすめのアンダーウエア

どちらがおすすめかといえば、予算が許すならパールイズミのヒートテックセンサーロングスリーブがおすすめ。肌面の湿気を熱に変換する素材のため、速乾性が高く蒸れにくくさらには暖かいため寒い冬でも使いやすい。1枚着るだけで暖かく包まれているような感覚は外気の冷たい冬のサイクリングを楽しいものにしてくれるほど。

一度これを着ると普通のヒートテックの機能が物足りなく思ってしまう素晴らしさ。アンダーウエアなのでサイズは自分の身長に合わせて選べば特に問題ない。

2.サイクルジャージ

ちょっとだけ寒い場合は春・秋の長袖サイクルジャージで十分。下にアンダーウエアを着てもいいし、上にサイクルジャケットやウインドブレーカーを着てもいい。3シーズンで活躍するので持っておいて損はない。アンダーウエアと違って後ろにポケットがあるので何かと便利。

機能性で選べばパールイズミ 3000BL長袖ジャージ

パールイズミ 3000BL長袖ジャージは夏の服装でも紹介したサイクルジャージの長袖版。1.この長袖ジャージ単品、2.長袖ジャージ+ウインドブレーカー、3.長袖ジャージ+サイクルジャケットなど、使用パターンは多く、半袖では少し寒いという10月頃から3月頃までわりと使用期間の長いアイテム。速乾性が高く動きやすいのも特徴。

控えめなデザイン&価格も手ごろを探しているならサイトウインポートのサイクルジャージ長袖

派手なものが苦手な人や通勤に使うのでできるだけ抑えめがいいという人は、サイトウインポートのサイクルジャージ長袖あたりで。こちらは値段が安い一方で必要な機能はそろっているので、こちらを選んでも。

3.ウインドブレーカー

冬の服装で最も気をつけないといけないことは風対策。気温はそう低くなくても風を受け続けるロードバイクにおいて、何も対策を取らないと、常に風にさらされているのと同様で体を冷やしてしまう。

そこで便利なのがウインドブレーカー。風を防ぎ体が冷えを緩和させることができる。特に、5度以上であればウインドブレーカー+アンダーウエアの組み合わせや、ウインドブレーカー+サイクルジャージという組み合わせで大丈夫。

もちろん、夏でも標高が高い場所では少し寒いので半袖ジャージの上に羽織ったりと、1年のほとんどの時期で活躍するのがウインドブレーカー。春や秋はインナーの上に羽織ればそれだけで十分。夏は小雨が降っている時や、早朝ちょっと肌寒い時にも使用できる。

一つ注意したいのが、普通のウインドブレーカーよりも自転車用を選ぶこと。普通のウインドブレーカーは中の湿気を排出するベンチレーションが搭載されているものが少なく、走っているうちに体が蒸れてくる。特に、自転車用でないウインドブレーカーは走っていると背中が蒸れてきて不快であるとともに、汗で体を冷やしてしまいがち。

通常使いならモンベルEXライトウィンドバイカー

軽量で機能性の高いものを選ぶのであればモンベルのEXライト ウィンドバイカー。軽量で柔らかく撥水性もあるので様々な場面で使いやすいウインドブレーカー。超軽量で常にバッグに入れておいて必要な場面で出すという使い方も可能。

さらにロードバイクウエアに必要不可欠なベンチレーションも脇部分にあるので蒸れにくいのも特徴。本格的に寒くなるまではこれとサイクルジャージで十分。ちなみに、汗をかいてしまうと肌とウインドブレーカーがくっついてしまいがちなので、サイクルジャージは長袖のもの推奨。

自転車通勤ならモンベルストームクルーザージャケット

自転車通勤ならモンベルストームクルーザージャケット

自転車通勤であれば、おすすめは高機能レインコートをウインドブレーカーとして使うこと。突然の雨でも対応できるのはもちろん、透湿性が高いのでウインドブレーカー内が蒸れて不快になりにくいのが特長。自転車用のウインドブレーカーなら蒸れてどうしようもない場合でも、透湿素材を使っているものを着用すれば結構快適に走行できる。また、体全体が熱い場合は前のジッパーを開けて体温調節ができるので手軽。

ほかにも、走行時に暑くなってきたら、小さくたたんで収納袋に入れてボトルホルダーにおいておくこともできる。できるだけ荷物を減らしておきたい自転車通勤に非常に役に立つ。

高機能レインウエアでのおすすめはモンベルのストームクルーザージャケット。ゴアテックス素材を使っているのにもかかわらず価格は手頃。ロードバイク乗車時だけでなくカジュアルな普段使いもできるので、様々なシーンで活躍できる。実際にこれを着て走ってみたところ、背中の熱がこもりにくく快適に走ることができた。もちろん、風を通さない細部の作り込みが効いているので、気温10度の際、ストームクルーザーとパールイズミヒートテックセンサーロングスリーブの2枚でも寒さを感じることなく走行できた。

もちろん、他の高機能レインウエアでも大丈夫。詳しくはロードバイクには高機能レインウエアがおすすめを参照

4.サイクルジャケット

サイクルジャケット

防寒対策されたサイクルジャケットは寒くないだけでなく蒸れないので超快適

ウインドブレーカーだけで寒くなってきたら本格的な対策が必要。激しく体を動かすので風を防ぎ体内からの熱を放出する必要があるので、ダウンジャケットや普通のコートでは熱すぎたり蒸れやすかったりと使用できない。

そこでおすすめなのが冬用のサイクルジャケット。体の前面は風を通さない素材になっている一方、背中から熱を放出できるような作りになっているので、寒くなく蒸れないというまさにロードバイク向けの作りになっている。

また、ロードバイク特有の前傾姿勢をとっても背中部分が露出しないように背中の部分が長くなっているのもポイント。ここが長くないと、前傾姿勢をとった時に腰背面だけが寒くなって結構つらい。

もちろん、サイクルジャージと同じく後ろにポケットがあるので携帯食やちょっとした小物も入れておけるので便利。

背中部分の生地が長く、前傾姿勢が取りやすい

サイクルジャケットには寒さに応じて複数タイプがあるので、走る状況に適した暖かさのものを選ぼう。

おすすめはパールイズミ 3500BLサイクルウィンドブレークジャケット

初めてのサイクルジャケットを探している人で、東京・大阪などの都市部であればパールイズミ 3500BLサイクルウィンドブレークジャケットがおすすめ。風を通さない素材ながらも走行中に気になる硬さでもなく、肌触りはソフト。外の気温が0度近くの時もこのサイクルジャケットの下にアンダーウエアを着ればそこまで寒くない。これでも寒い人はアンダーウエアの上にサイクルジャージを着て、その上にサイクルジャケットを着るといい。もちろん、ある程度走り出して体が暖まってきたら寒さなど感じない。

背面には3つポケットがある

体にはぴったりフィットして走行の邪魔になりにくいし、背面には3つポケットがあるので補給食や細かくたたんだレインウエアなど様々なものを入れておくことができる。これ一着あれば冬のトレーニングから自転車通勤まで使えるので冬のマストアイテム。ウインドブレーカーでは寒すぎたり背中が蒸れたりと不快だと思っている人はぜひ試して欲しい。背中が蒸れないだけで非常に快適になる。

なお、寒ければネックウォーマーでカバーすれば大丈夫。あと、サイズはジャストサイズを選ぶといい。中に重ね着をすることがほぼ無いので大きめサイズを買ってもブカブカなだけだ。

服装(下半身)

レーパンが寒いなら長いレーパン

上半身に比べて寒さを感じにくい下半身。とはいえ、寒い中では膝上のレーパンでは辛いもの。風を通さない素材を使ったパンツもあるので、気温に応じて選びたい。

ビブタイツにも保温力の強い冬用ものもある。こちらは気温が0度でも対応できるすぐれもの。ちなみに、トイレのときでも着脱が簡単なのでロングライドにも使える。

風や雨を通さないグローブ

体の寒さ対策と同じく重要なのが手の防寒。体と違って末端の部位なので一度冷えてしまったら温めるのに時間がかかる一方、手の冷たさはなかなか我慢できないので、手袋でカバーして体温を上げる必要がある

普通の自転車などであれば毛糸の手袋でも十分だが、ロードバイクは速度域が高く、網目の粗いものだとそこから風が侵入してきて寒さを防ぐことはできない。また、変速を行ったりブレーキをかけたりと指を使うことが多いので、ミトンタイプの手袋は使い物にならない。

さらに、冬は雨が降りやすく防寒性能とともに多少の防水性も求められる。

そのような理由より、グローブは普通の手袋ではなく、ロードバイク専用のものを選ぶことをおすすめする。また、グローブをしているからといっても長時間外で風を受けていれば徐々にだが手の先も寒くなる。特に薄い素材のものはすぐに寒くなってしまうため、ある程度の厚さの素材を使っているものを選びたい。

パールイズミの7215 サイクリンググローブ 指付は防風素材で多少の雨でも大丈夫。内側は中面が入っており、操作性が高いので便利。実際に使用しているが、2時間程度であれば寒さが手に伝わってくることもないので、20km以内の自転車通勤にも何の問題もなく使用可能。

また、パットもそこそこ厚いので手のひらに対して路面からの振動を和らげてくれるのも嬉しい。

なお、約3年使用しているが特にヘタることもないので長期に使えてコストパフォーマンスも悪くない。

着脱が簡単なネックウォーマーは便利

走行中はサイクルジャージとサイクルジャケットだけで十分だが、走る直前や走り出しは多少寒いもの。そのような場合はネックウォーマーが便利。

寒さには首を温めるのが効果的と言われるとおり、このネックウォーマーがあれば非常に暖かい。

首を暖めるのであればマフラーを用いようとする人もいるが、ロードバイクは乗車姿勢を結構な頻度で変えるため、マフラーが外れてしまう可能性も。

最悪の場合、外れたマフラーがギアに巻き込んでしまったら大事故に繋がるので、安全面も考えてネックウォーマーにしておこう。

なお、幅が大きいものは首だけでなく鼻や口元もカバーできるので、顔の寒さがきつい場合も使える。

あと、頭や顔からの汗で汚れたりしやすいアイテムなので選択する頻度は高め。そのため、洗いやすい素材のものがおすすめ。

耳が寒いならイアマフラー

以外に忘れやすいのが耳の防寒。極寒の中、風を切って走るため、耳への寒さ対策も必要。体の防寒は完璧なのに耳が寒いために全体的にツライということは避けたいところ。

PEARL IZUMI 82 イアーウォーマ 参考価格:2,700円

基本ロードバイクはヘルメットをかぶるものなので、イヤマフラーは頭の上でなく後でまとまるものを選ぶ。

また、自動車や歩行者の音も安全に走るのには重要な要素なので、音が聞こえやすい自転車向けのイヤマフラーを選ぼう。

ビンディングシューズカバー

普通のスニーカーなどを使っていれば気にならないが、通気性の高いビンディングシューズなどはそこから冷気が入ってきて寒いため、足先の保温も必要。

雨対策

ジャージの上から着用できるレインウエア

夏以上に雨対策が必要な冬。夏であれば多少濡れてもスグに体調を崩すようなことにはならないが、冬はそうは行かない。できるだけ濡れないようにすることが必要。

冬のレインウエアは寒さの状況によるが、サイクルジャケットの上に着る場合と、サイクルジャージの上に着る場合が存在するので、場面に応じて対応しよう。

風と雨を防ぐ一方で体から出る湿気を排出できるゴアテックス素材のものであれば冬の雨でも対応しやすいので便利。

おすすめのレインウエア

ストームクルーザージャケットはモンベルのレインウエア。ゴアテックス素材のレインウエアながらも2万円程度で購入できるので初めてのゴアテックスレインコートの人でも手を出しやすい。

モンベルのゴアテックスレインウェアの中にはもう一つ下のクラスのものもラインナップされているが、こちらのタイプの方が軽く、折りたたんだ際の大きさもコンパクトで持ち運びしやすいので多少値段は上がるがロードバイクに使用するならこちらの方を選んだほうがいい。

サイズの選び方

サイズはレインウエアの下にバッグを入れて担ぐなら大きめ、レインウエアの外から担ぐならジャストサイズを選ぶ。ドイターのリュックなどはレインカバーがついているし、メッセンジャーバッグは防水加工されているので、それらを使っている場合はジャストサイズのレインウエアを選ぶといい。

ジャストサイズのほうが走りやすいだけでなく、日常使いや野外フェスやキャンプなどロードバイク以外のときでも活躍できる。

高機能ウインドブレーカーとしても使用できる

さらに、普通のレインコートと異なり、ゴアテックス素材の高機能レインウエアなので、風は通さず、蒸れにくいのが特長。そのため、ウインドブレーカーとして使用することも可能。

ジッパーを全部閉じれば口元まで覆えるので、中にネックウォーマーを装備すればそこそこの寒さまでは対応可能。

弱点はウインドブレーカーに比べて生地が厚くちょっと硬めの肌触りであることぐらい。ただ、雨のときももちろん使えるので、使い勝手的にはこちらに軍配があがる。

下半身のレインウエアは

なお、上半身はゴアテックス素材がおすすめだが、下半身はそう蒸れないので、ゴアテックスではなく安価な普通のレインウエアでも十分。もちろん、予算があればゴアテックスが良いということは言うまでもない。

サンダーパス パンツ 参考価格:5,500円

寒くても背中は蒸れるので対策できるバッグが必要

鉄板のドイター

夏に比べれば背中がそこまで蒸れにくいので冬はリュックタイプに適している季節ともいえる。

特に冬は夏に比べて衣服が多く荷物も増えがちなので、重量による体への負担の少ないリュックは重宝する。

やはりおすすめはドイターのレースX。くわしくは「初心者がロードバイクで使うリュックを選ぶならドイターのレースXがおすすめ」で紹介しているのでそちらを参考に。

また、体が温まってきて使わない服はバッグの外に簡単に収納できるところも便利。

メッセンジャーバック

脱ぎ着が多い冬の場合、簡単に出し入ができるメッセンジャーバッグは便利。信号待ちの間にネックウォーマーをバッグにしまったり、逆に寒いからイヤマフラーをつけたりが可能。

また、メッセンジャーバッグはそこそこの防水機能を備えた物が多く、多少の雨ならカバーがなくても中身が濡れないので、突然雨が降ってきても焦らず対処できるのは大きなポイント。

その他

給水も忘れずに

寒いからといって汗をかいていないわけではない。冬でも30分走れば結構な汗をかいている。ある程度の距離を走るのであれば給水できるようにドリンクボトルに飲み物を入れて、定期的に給水できるようにしておこう。

冬は冷たい飲料は不要だし、熱いお茶はロードバイク乗車中には向かないので、保温できるボトルでなくてもかまわない。

外出先でのパンクならボンベが便利

夏のパンクはツライが、それ以上にツライのが冬のパンク。グローブを外して作業を行うのだが、手がかじかんでまともに動かないということも。

そんな中でもパンクしたらチューブ交換する必要がある場合、できるだけ短時間で済ますためにも、空気いればボンベ式のもが便利。

TNI CO2 ボンベセット 価格:1,620円

何度も使えるわけではなく使い捨てだが、一瞬で空気を入れることができるので寒い冬には大助かり。

まとめ

天候によっては「走らない」という選択肢も

冬は夏と比べて装備を整えればまだ走れるという一方で、路面の凍結や雪が降るなどの状況での走行は危険。

天候によっては走らないという選択肢を選ぼう。

役に立った!と思ったらシェアお願いします。

ロードバイクで走ろう

ロードバイク虎の巻カテゴリー