暑い夏でも快適に走るための服装・バッグ・アイテム

Clothing bag items to run in comfort even in hot summer

暑い夏をロードバイクで走るのであればそれなりの対策は必要だ。ただし、服装やバッグ、走り方など各種対策を行っておけば、夏でも快適にロードバイク楽しむことができる。ここでは夏の各種対策を紹介するので参考にしてほしい。

暑い夏でも快適に走るための服装・バッグ・アイテム

はじめに

ロードバイクは天候や季節の影響を受けやすいスポーツ。特に初夏から秋にかけてはサイクリングに適した季節だが、真夏は太陽からの直射日光や道路からの照り返しなど、様々な悪条件が多くロードバイクに乗るのが辛い季節でもある。

しかし真夏はロードバイクに乗らないというのももったいない。そこで、夏場でも快適にロードバイク乗り続けるための暑さ対策を紹介する。

まずは確認、夏がツライ要因

まずは確認、夏がツライ要因

ロードバイク乗りにとって夏がツライ理由の一つが汗。ロードバイクで走行した後、体全体から汗が噴き出してくる状態では、自分が不快なだけでなく、周りの人にも不快感を与えてしまう。また、汗が収まったとしてもその匂いが残ってしまうので、それはそれで不快なものとなる。夏のロードバイクはまずはこの汗をなんとかする必要がある。

体調管理

もうひとつ考えなくてならないのが体調の管理。一番注意すべきは熱中症

熱中症とは、汗や皮膚で体温が調整できなくなり、どんどん体に熱がたまってしまった状態のこと。原因となるのは激しい運動や、屋外での活動、水分や塩分の補給不足等。ロードバイクに乗るすべての人にとって、その原因に該当する内容ばかり。

もちろん、そのほかにも夏の体調管理が難しい原因は熱中症だけではなく、強い日差しを長時間浴びるだけでも想像以上に疲労を感じるもの。そのままにしておくと体調に大きく影響する。

原因を突き止め対処すれば夏も怖くない

夏はさまざまなつらい要因があるからといってロードバイクに乗れないわけではない。原因が分かれば、対処すればいいだけのこと。

最近はロードバイク用にリリースされる高機能なアイテムが手軽な価格で手に入るようになってきている。もちろん、ロードバイク専用アイテム以外にも夏の暑さ対策に使えるものはたくさんある。それらを紹介していこう。

夏の汗対策

熱疲労と熱射病に注意

暑い時期の運動で問題になるのは、熱疲労と熱射病。

熱疲労は汗を大量にかいたことが原因となる脱水症状で、脱力感や倦怠感、めまい、頭痛、吐き気などが引き起こされる

脱水症状を引き起こす原因は汗を大量にかいたことだが、そもそも、なぜ汗をかくかというと、汗には蒸発する時の気化熱を利用して体温が上がりすぎるのを防ぐため。つまり、汗をかくのは必要なことなのだ。

脱水症状にならないようにするためにも、水分補給は非常に重要な要素。夏のロードバイク乗車時は、適切に細やかに水分補給を行おう

もう一つは熱射病。熱射病は体温の上昇のために脳内の中枢機能が異常をきたしている状態で、応答が鈍い、言動がおかしい、意識がないなどの意識障害が起こり、死に至ることもある。

熱疲労 熱射病
強い口の渇き・倦怠感・強い疲労感・頭痛・めまい・興奮・高体温・昏睡 40℃以上の高体温・発汗停止・頻脈・血圧上昇・中枢神経障害・多臓器不全・昏睡

防止策としては水分を細やかに取ることや、通気性の良い服を着たり、直射日光を避けたり、体を冷やすアイテムを使ったりなどの日光対策を取ること。ここでは夏の服装や、直射日光を避ける方法などを紹介する。

水分補給のポイント

  1. ロードバイク初心者は乗車中の水補給は難しいもの。バランスを崩し転倒の危険を伴うので、慣れないうちは運動前や休憩時に補給したい。
  2. 喉が乾いてから水分を摂るのではなく、のどが渇く前に少しずつ摂る。
  3. 水分を補給する際には、カリウムやナトリウムといったミネラル分も摂取する。
  4. スポーツドリンクを飲む時は2倍~4倍に薄めると飲みやすい。

ミネラルの補給も必要

熱中症対策として水分補給が重要というのは前述したが、水さえ飲んでいれば大丈夫かといえば必ずしもそうではない

汗を舐めると塩味がすることからわかるように、汗は真水ではなくさまざまな成分が含まれている。一般に、ミネラルと呼ばれるものでナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどが挙げられる。

汗をかくことによって失われるこれらのミネラルだが、人間の体で生成することはできないもの。つまり汗をかいた量に応じて食事や補給食、スポーツドリンクなどから摂取が必要

ミネラルが失われた状態が続くと低ナトリウム症によって体調不良になりやすいので注意が必要。

ミネラル補給用に粉末タイプを家に常備しておくと使いたいときに使えるので便利。ロングライド時は保冷式ボトルにアミノバイタルウォーターの粉を入れて、通常の倍の量の水で薄めたものと氷を入れておくとミネラルの補給ができるだけでなく、ひんやりとして飲みやすいのでおすすめしたい。

ドリンクボトル

ポトルを複数セットできるようケージは2つ着けておく

通勤通学や街中でのみ走る場合は、道々に自動販売機やコンビニがあるので問題ないが、ヒルクライムやロングライドの場合はボトルを複数用意しておく必要がある。特に夏場は頻繁に給水することが必要で、汗をかいたらその分をこまめに補給することが必要だ。

特に長距離を走る場合は水分には余裕をもっておく必要がある。一般的なロードバイクのフレームにはボトルケージを取り付ける箇所が2か所あるので、ロングライド時には2つボトルを持っていこう。

2つボトルを持っていくときのポイントとしては、片方はスポーツドリンクなどを入れた給水用のボトルにし、もう片方は頭や首などにかけて体を冷やすための水として準備しておくことで、熱中症対策にもなる

トピークのモジュラーケージは可動式なので、大きいサイズのボトルはもちろん、小さいサイズのボトルや350mlのペットボトルでも飛び出さないので様々な場面で使える。

給水用のボトルは保冷性の高いものがおすすめ

給水用のボトルはさまざまな種類があるが、保冷性の高いキャメルバックのビッグチルがおすすめ。750ml入るので給水はこの一本だけで事足りることも多く、もう一つのケージに体を冷やすための水を入れておくことができる。

このボトルは保冷ボトルなので、真夏でも冷たい飲み物を飲めるので体全体の冷却効果が高く、素材が柔らかいので疲れていても軽い力で水分補給ができる。もう一つのボトルは、保冷性を重視しないので好みで。

日焼け対策

日焼けは疲労や肌への悪影響に

適度に太陽の光に当たることは必要なこと。しかし強い日差しに長時間当たるのは体にとって悪影響。体温の上昇は疲労の原因になり、紫外線を多<浴びてしまうと肌に悪影響を及ぼす

夏場は何の対策もとらず、日焼け止めを塗らず半袖で出かけてしまいがちだが、長時間ロードバイクに乗るのであれば肌の露出は避けたほうが無難だ。

紫外線の強さの指標観測地点(つくば 2013年~2015年平均)

※気象庁データを元にグラフ作成

まずは確認、夏がツライ要因

紫外線は1年のうち5月~8月に最も量が多く、時間では10時から14時が特に多い。したがって、この時間帯を避けて外出するのが望ましい。

5月~8月以外でも結構な紫外線が降り注いでいる。夏はもちろん、強力な紫外線対策を行うことが必要だが、夏以外の季節も紫外線対策を行っておきたい。

腕は紫外線をカットするアームがおすすめ

露出面が高い一方で、簡単に日焼け防止ができるのは腕。ロードバイク専用のアームカバーは通気性が高く、夏ならアームカバーを着けないよりも着けたほうが、快適度が高いのが特長。

男性も万全の日焼け対策を

男性も万全の日焼け対策を

ロードバイクはある程度の日焼けは避けられないアウトドアスポーツ。女性は日常的に日焼け止めを塗る習慣があるので、ロードバイク乗車時には必ず日焼け止めを塗ると思うが、男性もロードバイクに乗るのであれば日焼け対策を行い、過度の直射日光を浴びることは避けるべき

長時間太陽に当たることは、しみやしわ、たるみをつくる原因になるだけでなく、皮膚がんの発生にも深く関わっているからである。

特に、年齢を重ねると皮膚の生まれ変わる周期が長くなってしまうため、年齢を重ねるにしたがって、メラニンが沈着してしみができやすくなる。腕はアームカバーがあるからいいが、顔にも紫外線対策も必要。

状態 症状
急性 日焼け
紫外線角膜炎(雪目)
免疫機能低下
慢性<皮膚> シワ
シミ、日光黒子
良性腫瘍
前がん症(日光角化症、悪性黒子)
皮膚がん
慢性<目> 白内障
翼状片

女性は通常使っている日焼け止めでもいいが、男性はそんなに日焼け止めに詳しくないので何でもいいので安いものを選びがちだが、日々使うものなので安すぎるものだと肌に悪影響を及ぼしたり効果が低かったりするものも

また、手軽だという理由でスプレータイプの日焼け止めを選ぶ人もいるが、普段塗りなれていないので、塗りムラができてしまうことも。乳液タイプは使いやすいので日焼け止め初心者でも大丈夫

具体的に何を選べばよいかということは、用途によって日焼け止めに求める機能は変わる。以下に簡単な表にまとめているので、日焼け止めを選ぶ際には参考にしてほしい。

日焼け止めスペック 対象
SPF10 PA+ 日常生活
SPF10~30 PA++ 屋外での活動や軽いスポーツ
SPF30~50 PA++~+++ 海や炎天下での活動
SPF50 PA++++ 非常に紫外線の強い場所

最後に、日焼け止めで気を付けるポイントとして、寝る前はしっかりと日焼け止めを落としておくこと。洗顔料を使いきちんと顔を洗おう。そのままにしておくと当然ながら肌に悪い。

おすすめの日焼け止め

自転車通勤で使うのであればオレゾホワイトをおすすめ。約2,000円と少々値は張るが、顔にも使え、日焼け止め効果が高い。また、メイク落としなど専用のクレンジングなどが必要なく、普通の洗顔フォームや石鹸でも落とせるため、肌へのダメージが少ない。また、子供でも使えるタイプなので、敏感肌の人でも使える。

オレゾホワイト

男性は日焼け止めを塗ることは気を付けることはできても、落とすことまでは気が回らないことが多い。また、自分の肌のタイプを把握している人は少ないので、とりあえずこの辺りを選んでおけば間違いがない。

オレゾホワイトには、複数のタイプあるが、パーフェクトディフェンスとマイルドディフェンスのいずれかを選ぶとよい。自転車通勤時間が短ければマイルドディフェンスでよいし、ロングライドにも使いたいのであればパーフェクトディフェンスを選ぶとよい。

マイルドディフェンス パーフェクトディフェンス
SPF30 PA+++ SPF50 PA++++
短い時間の自転車通勤や夏以外の乗車時 ロングライドや夏の通勤に

服装

服装

夏のウエア選びのコツ

夏はロードバイクウエアの機能性が最も発揮される季節。ロードバイクが日々進化するように、ウエアの機能も常に進化しており、紫外線カット、吸水速乾、抗菌脱臭などの高機能な素材を使ったウエアが続々と登場している。正しいウエアを選べば夏だって快適に走れる。

ウエア選びでもっとも重要なのは通気性と吸水速乾性。夏はとにかく汗をかくからである。もちろん、ある程度のウエアになれば、紫外線をカットするものや汗のニオイを消す素材、汗の吸水速乾、そして高い通気性と、1枚ですべての機能が備わっているので、それを選ぶと間違いがない

ラインナップも幅広く、派手なレーシングウェアからシンプルなデザインのもの、普段着のシャツの下に着ることができる高機能アンダーウェアなど幅広い。

一番のおすすめはロードバイク用のウエア

一番のおすすめはロードバイク用のウエアだ。ジッパーで大きく胸を開けることができるので温度調節をしやすく、汗でべたつかない速乾性の素材を使っている。背中にはポケットがあるため、いろいろなものを入れておくことができるので便利。携帯食やタオル、替えのチューブなど様々なものを入れておくことできる。

ユニクロなどでもスポーツウェアを出しているが、やはりロードバイクに特化しているだけあって走行時の快適さが違う

もう一つの特徴は派手な色使い。遠くからも目立つため事故防止にも役に立つ。もちろん、派手でないものもあるので、この辺りは好みの問題。

初めてのウエアは派手でないものから

ロードバイク用のウエアは派手なものしかないと思われがちだが、派手でないものも存在する。派手でないため、自転車通勤でロードバイクを使っている人も使いやすい。

もちろん日々のトレーニング時など、自転車通勤以外の時でも使えるので一枚は持っておくといいだろう。サイトウインポートのサイクルジャージは価格の割に機能性が高く、ウエアの良し悪しを知る上でも初めてのロードバイクウエアとしておすすめしたい。

これを着て何度か走るうちに、自分にとってウエアに求める機能や専用の素材のすごさ、ジッパーの便利さ、どれぐらい体にフィットさせるのが適切かなどわかってくるだろう。

紫外線から身を守る工夫

前述しているが、ロードバイク乗車中は常に紫外線にさらされる。ウエアは紫外線吸収繊維のものもあり、白より色物のほうが紫外線を防いでくれる。

ヘルメット

夏でも涼しいヘルメットを選ぶ

夏のサイクリングで注意したいのが熱中症。夏の直射日光を長時間浴びるのは非常に危険。炎天下で直射日光を遮るには帽子が必需品だが、ロードバイクに乗るのであればヘルメットを着用したい。夏であろうが冬であろうが安全を確保するために必要なのがヘルメットなのだ。

日光を遮る効果があるのはもちろん、ロードバイクのヘルメットのほとんどが穴あき状のものなので、空気の流れを考慮しており、空冷効果があるし、何かあった時でも有事に身体を守ってくれる。ヘルメットの選び方については「ヘルメットの選び方とおすすめヘルメット」を参考に。

夏のロードバイクを快適にしたいのであればサイクルキャップはおすすめ

ロードバイク初心者の人にはあまり知られていないアイテムがサイクルキャップ。サイクルキャップはヘルメットの下に着用するアイテム。メッシュ素材になっていてヘルメットをそのまま着用するより涼しく、汗をかいたとしてもサイクルキャップで吸収してくれる

また、多くのヘルメットにはつばがないため、顔への日差しを遮ることはできないが、サイクルキャップにはつばがあるため、日差しを遮る役目も

夏のロングライド時にはヘルメットの下にサイクルキャップを少し濡らして巻いておくといい。気化熱で空冷効果は増加し、汗が顔面にしたたり落ちるのも防止できる。乾いてきたら再度水で濡らして使用する。このテクニックは自転車通勤時には使いにくいテクニックだが、覚えておいて損はない。

サングラス

夏場の紫外線は目にも悪い影響を与える

紫外線には眼に悪影響を与える有害な物質が含まれており、強い紫外線を目に受け続けることにより、白内障をはじめとする目の病気を引き起こす可能性も。

日常生活において紫外線で目の機能に影響が出るようなことはないが、長時間ロードバイクで走るのであれば話は別。これらを未然に防ぐためにもサングラスの着用は必須

ロードバイク専用のサングラスがおすすめ

OAKLEY アジアフィット サイクル ロード

サングラスにはさまざまなタイプがあるが、ロードバイクに乗ることを前提とするのなら専用のアイテムを使用するのがベスト。

紫外線対策のみならず、サングラスは小虫や飛び石、花粉など異物から目を守るゴーグルとしての役割をはじめ、夏の強い日差しでもクリアな視界を提供してくれる

さらに、まぶしさが原因の事故を防ぎ、光の位置の変化が激しい場所で、目の疲労を軽減する役割も果たしてくれる。

ロードバイクの定番サングラスはオークリーのサングラス。名前を聞いてもピンと来ない人もいると思うが、ロゴマークを見るとおそらくわかるはず。

いずれも軽く、紫外線を100%カットするだけでなく、ロードバイクで走るうえで必要な機能を盛り込んでいる。弱点は高いこと。度付きにすると更に価格が跳ね上がる。

度つきサングラスだって安く買える

普段眼鏡をはめている人にとって、サングラスはなかなか手を出せない。というのも、メガネの上にサングラスをするわけにもいかず、サングラスをするためにコンタクトレンズをつけるというのも面倒。とはいえ、スポーツタイプのサングラスを度つきにすると非常に高価。

ロードバイク専用ではないが、度つきサングラスはJINSZoffで、約10,000円で作れる。専用のものに比べ、ズレ防止力は悪いが、紫外線を防ぐ効果やまぶしさを軽減させる効果があり、普通の眼鏡に比べて快適に走ることができる

なお、レンズの色は選ぶことができるが、ロードバイクに使うのであれば青色がおすすめ。まぶしい時でも路面が見えやすく走りやすい。

バッグ

荷物は背負わないのが理想

暑さに体力を奪われる夏はバッグの有無やその機能性によって、ロードバイク走行の快適度が変わってくる。トレーニングなどには、家の鍵や替えのチューブなど、持っていくべき荷物が少なく容量の大きいバックは必要ないが、通勤通学などである程度の容量のバッグが必要な場合も存在する

ビジネスバッグをロードバイク通勤に使うことは安全面の上でも無理があるので、多くの人はリュックタイプのバッグを選択しがちだが、普通のリュックでは背中が蒸れてしまうため夏は辛い。というのも、背中は汗をかきやすい場所にもかかわらず、リュックで覆ってしまうので、背中には熱がたまり、汗も放出されず、結果不快要素の塊に。

メッセンジャーバッグやウェストバッグなら体への接点が少ないのでまだいいが、やはり荷物を背負わないのがベストだ。

そこでおすすめなのは、サドルバッグやロードバイクのハンドル前方につけるフロントバッグを使うこと。そうすることで体との接点部分に熱がこもらなくなるだけでなく、荷物を体で支えなくてもいいので楽に走れる

ロードバイクに取り付けられるサドルバッグやフロントバックはさまざまなメーカーからリリースされているが、最も一般的なバッグはサドルバッグ。大きさはさまざまだが、財布やスマートフォン、パンク修理キット、小さくたたんだウインドブレーカーなどを入れておけるぐらいの容量が確保できる

mont-bell フロントバッグ 価格:4,499円

サドルバッグで容量が足りない場合はフロントバッグで賄うという方法も。財布や携帯、着替えや制汗剤など一式入れることができるのでロードバイク通勤に活用できる。難点は取り外しが多少面倒なことぐらい。よほど重いものを入れない限り、ハンドルをとられることもない。

バッグが必要なら、カラダに接することがないバッグを選ぶ

サドルバッグやフロントバッグは取り外しの手間が面倒と感じている人は、体につけるバッグを選ばざるを得ない。この場合、背中部分に通気を保つ機能を備えた自転車用のリュックがおすすめ。ロードバイクのリュックタイプバックを探しているのであれば、定番ブランドのドイターは外せない選択肢。

レースXはロードバイク向けに作られたリュック。軽いだけでなく高い背面通気性を誇る。ショルダー部分もメッシュ素材なので蒸れは少ない。

ドイターには他にも背中の通気性を進化させたレース EXP エアーというタイプがある。背中部分に網が貼っており、背中面の通気性は抜群になっている。いずれもレインカバーが内蔵されており、突然の雨でも対応できるのは嬉しいポイント。ロードバイクのリュックで迷ったらドイターを選んでおけばまずは間違いないだろう

グローブ

夏でもグローブは必須

夏でもグローブは必須。ショック吸収や転倒時の手の負傷をやわらげるだけでなく、汗などによって手がハンドルから滑ることを防いだり、手の汗を吸収したりと効果は大きい。グローブをしていたとしても暑さはそこまで変わらないのでぜひつけておこう。もちろん、指先までおおわれている手袋タイプではなく、手指が開いている指ぬき式タイプを選ぼう。

基本、グローブは寒いとき用とそれ以外のとき用に分けられる。春・夏・秋は指ぬき式、冬は手袋式。指ぬき式のグローブは多くの期間使用できるので、価格よりも機能で選ぶと毎回の乗車時が快適。

春・夏・秋
指ぬき式 手袋式

おすすめのグローブはパールイズミのアンバウンドグローブ。手の甲部分が薄手の生地になっているので蒸れにくくなっており不快さはない。また、汗を吸いやすい素材で速乾性もあるため、汗をかいたときに手の甲部分で汗をぬぐえる。もちろん、UVカット機能付きで手のひら部分の日焼け対策も可能。

手のひら部分にあるのは衝撃を吸収してくれるパッド。高機能なグローブはこのパッドが良い素材でできており、長い距離走っても疲れにくい。

便利アイテム

熱中症の対策には体を冷やすこと

熱中症対策には十分な水分補給が第一だが、ほかにも熱中症の対策はある。基本的には血液を冷やすことが熱中症対策になる。特に全身を冷やすことができればベストだが、ロードバイクに乗りながらだと全身を冷やすのはちょっと難しい。そこで冷やすポイントを押さえると効果的。なるべく太い血管が流れている場所を冷やす。具体的には、首や脇、もも、など。以下で紹介するスカーフは首周りを冷やすことができるアイテム。

最近は水分を含ませることで冷却効果が得られるものもあるので、それを首に巻いて走れば効果的。いずれも、熱中症になる前に対策をとっておくことが大切。

熱中症になりかけているとわかった場合はコンビニや薬局で販売されている冷却シートが効果的。おでこだけでなく、首回りに張ると体全体の冷却効果が高い。

まとめ

いろいろと紹介しているが、ロードバイク専用で使うものは自分にとって必要と感じたときだけでよい。一方で日焼け止めなどはロードバイクに乗らなくても夏の必須アイテム

もう一つ大切なのは、無理をしないこと。上記で紹介した装備を一式そろえたとしても、体調が悪い場合はトレーニングやロングライドを中止することをためらわないように。

役に立った!と思ったらシェアお願いします。

ロードバイクで走ろう

ロードバイク虎の巻カテゴリー