ヘルメットの選び方とおすすめヘルメット

Helmets

ロードバイクはあくまでも自転車だ。だから、交通法規上はヘルメットの着用義務はない。絶対に時速15km以下しか出さないのであれば、ヘルメットを着用する必要はないかもしれない。

しかし、ロードバイクでそんな状況はありえない。レースは段違いの速さであり、ヘルメットの着用が義務。通勤レベルでも簡単に時速30kmは出るので、普段からもヘルメットは着用すべきだ。

ヘルメットの選び方とおすすめヘルメット

ヘルメットの重要性

ロードバイクに乗る場合、ヘルメットは必ず着用しよう

ロードバイクに乗る場合、ヘルメットは必ず着用しよう

ロードバイクを乗る前に、必ず用意しておきたいのがヘルメット。道路交通法において装着が義務づけられていないが、頭は体の中で最も大切な部分。スピードが出た状態で転倒したり、衝突した場合、車体が軽いため簡単に放り出されてしまう。

これまでヘルメットをかぶる習慣がなかった人にとっては面倒くさいと感じるかもしれないが、ママチャリなどよりもスピードが出るロードバイクに乗るときは、必ずヘルメットを着用しよう

市街地

長時間ロードバイクに乗るロングライドやレースだけに限らず、そんなに速度を出さない市街地であっても、自動車やオートバイだけでなく歩行者も多いため、事故の確率が増える。さらにビンディングペダルに慣れていない時期は急な対応ができないこともあるので、転んでしまうことも多くヘルメットの出番が増える。

目立つことで事故防止にもつながる

ヘルメットにはもう一つの目的があり、転倒や事故の際に頭を守るためだけでなく、目立つことで自動車などに自分の存在をアピールし、事故を抑制するという目的もある。ヘルメットのカラフルなカラーリングはそのためだ。もちろん、カラーが黒であっても問題ないが。

長時間かぶってもそんなに不快ではない

ヘルメットの印象としては長い間かぶっていると蒸れて不快だとか、違和感があるなどネガティブな印象を持つ人も多いと思うが、最近のロードバイク向けのヘルメットはフィット感に気を配って選びさえすれば、長時間かぶっても負担にならないようにさまざまな工夫が凝らされている。かぶることが習慣になれば、案外慣れていくものだ。

なお、一度転倒などで大きなダメージを受けたヘルメットは、機能が著しく低下するので使ってはいけない。

ヘルメットの選び方

ヘルメットはどれも一緒で、おしゃれなものを選べばいいというのは半分は間違ってはいないけれど、正解でもない。そこでヘルメットの選び方を紹介する

選ぶ際は、「自分の顔や頭に合ったもの」、かつ「自分の好きなもの」を探す

自転車店の売り場やネット通販のショップには数多くのヘルメットが販売されていて選択に迷うことだろう。基本的にはどれを選んでも一番大事な「安全性」に大きな違いはない。では何が違うかといえば、上位モデルほど軽量でフィット感に優れる点だ。

ロードバイクを街乗り用途で使用するならば、シティライドタイプのヘルメットがオススメだ。ただし頭の形は個人差が大きいので、サイズを選ぶ際は実際に試してからにしよう。合う合わないは、きちんとかぶれは感覚でわかるだろう。

もちろん、サイズがあるだけでなく、デザインも好きな色や形を選ぼう。嫌々使っているとそのうち使わなくなる。

用途に合わせたモデルを選ぶ

用途に合わせたモデルを選ぶ

ヘルメットもレース用になると、軽量化に特化したりプロテクションを重視したりと、カテゴリーによっても開発の狙いが異なってくる。一方で通勤通学に使う場合、街中では安全のため周辺の音が聞こえることが大事なので、耳がカバーされるモデルは避けたほうが無難。
一つのヘルメットをレースにも使い通勤通学にも使う、というのもアリだが、街で使うと痛みや消耗も激しいので、予算に余裕があるなら使い分けたほうが結果的に長持する。

安全性が高いヘルメットを選ぶ

安全性が高いヘルメットを選ぶ

安いヘルメットによっては安全性が確保できているかわからないものもあるが、これでは万が一の事故の場合簡単に外れたり、割れたりして頭までケガしてしまうことも。高い安全基準をクリアしているものを選ぼう。

高価なモデルは何が違うのか

素人目には同じように見えるヘルメットだが、高価なハイエンドモデルと安価なエントリーモデルでは、様々な違いがある。

  ハイエンドモデル エントリーモデル
サイズ 複数サイズ 1サイズのみ
重さ 軽い ソコソコかる位
機能 AIネット
ノーマルインナーパッドセット
クールマックス素材
消臭素材
AIネット

生産工程にも違いがあり、エントリーモデルが1つの金型で成形されるのに対し、ハイエンドモデルに使われる金型は複数。モデルによっては5つも金型を使うことで内部の複雑な形状を作りだしている。

他にも、消臭効果や肌触りがサラっとした素材を使うなど、手間やコストがかかるから高価になる。

最適なサイズとは

靴屋さんで試着するようにヘルメットも実物をフィットさせて選ぶ

ヘルメット選びで大事なのはとにかくサイズ。靴屋さんで試着するようにヘルメットも実物をフィットさせて選ばないと、走行中のトラブルの原因になる。だから知識がないまま適当に通信販売で購入するのは危険。

どのメーカーのヘルメットにも調整機能は付いているが、正しいサイズを選ばないと走行中や転倒時に外れてしまう。自分の頭にジャストフィットするものや、フィットさせることのできる機能が付いたものを選ぼう。

サイズをピッタリ合せて正しいかぶり方をする

ヘルメットを購入する際には、一度かぶってフィット感を確かめておくと安心。ヘルメットの装着は安全性の点からきっちりとフィットさせること重要。

1.かぶってみる

かぶってみて、前後左右にすき問がないかをチェック。

2.首に回すストラップの調整

指1本がラクに入るくらいの調整が好ましいも、締めすぎると違和感があり苦しくなる場合もある。緩すぎるのは万が一の際に外れてしまうことがあり危険。

3.アジャスターの調整

アジャスターを調整し、前後に動かしてフィット感をチェック。ここでズレる量が大きいとサイズが合っていない証拠。違うサイズを検討したほうがよい。

サイズチェックは入念に

サイズチェックは入念に

かぶってみてブカブカでも痛みがある場合は帽体形状が自分の頭と合っていない可能性も。ほとんどのヘルメットが海外産なので、日本人の頭の形にあわせて作っているわけではないためだ。KABUTOのような日本人向けに作っているブランドのヘルメットは日本人の頭に向いているのでフィットしやすくなっている。

ヘルメットの正しいかぶり方・間違ったかぶり方

正しいかぶり方

  • 1.ヘルメットは前頭部から深めにかぶり、サングラスとのすき間をあまり空けないようにする。
  • 2.後頭部にあるサイズを調整するベルトやダイヤルで締め具合を調節する。その状態で頭を振ってズレなければOK。
  • 3.あごのストラップを締める。ワンタッチバックルなら手軽にできて便利。これがゆるいと万が一の際にヘルメットが外れてしまって役に立たなくなるので、苦しくならないぐらいの範囲でできるだけしっかりと締めておきたい。
  • 4.メガネやサングラスはヘルメットを脱いだ際に外れないよう、ストラップの下にセットする。

やめたほうがいいかぶり方

後頭部にちょこっとのせる

髪型が乱れるのを嫌って、後頭部にちよこっとのせる人もいるが、これでは頭部を守ることは不可能。ヘルメットの意味がまるでない。耳にあごひもがかかってしまっているのも脱げやすいので厳禁。

曲がってかぶる

頭の形にあっていないと、ヘルメットが曲がってしまうことも。またサイズが大きいと走行中にズレやすい。適正なサイズで正しいかぶり方をすることが大事。

かぶると頭が痛いかぶり方

サイズや形状が頭の形にあっていないと、頭部に痛みを感じることもあり。短時間ならよくても長時間着用するツーリング等では集中力も低下してくるので注意したい。

ヘルメットのメンテナンスも必要

スピードが出ていなくても、転倒して地面に頭をぶつければ大ケガになるため、ヘルメットはもはや標準装備といってよい。ただ、せっかく着用しているヘルメットも、汚れていればカッコ悪いし、臭いがするのは論外。つまり、日常の手入れや取り扱いにも気を配る必要がある

なお、ヘルメットは厚さ3cm前後の発泡スチロールの外側をプラスティックのシェルで覆ったものが主流なので、うっかり落としたりして気付かないうちに破損している場合もある。自分の命を守るためのアイテムなので、メンテナンス時にヘルメットの状態も把握しておきたい。

手入れ方法や洗い方は「ヘルメットの手入れ方法」にて紹介しているので参考にしてほしい。

ヘルメットメーカーの紹介

ベル

1954年にロサンゼルスで創業されたベルは、1975年に世界初の自転車専用ヘルメットを発表したメーカー。

現在はモータースポーツの様々な分野のヘルメットをリリースしており、多くのプロスポーツ選手から信頼を寄せられているブランド。

BELL(ベル) STAR PRO SHIELD スタープロ シールド レッド/ブラックブラー M 7067317
by カエレバ

ジロ

1985年、カリフォルニアで生まれたメーカー。自転車用のヘルメット以外にも自転車のアクセサリーやアパレル、スノースポーツと幅広く展開し、ファッショナブルで高品質なアイテムを世に送り出している。

ヘルメットは多彩なラインナップをそろえており、初心者からプロまで幅広い層に高い人気を得ている。

ジロ(GIRO) SYNTHE(シンセ) ロードヘルメット ブルー/マットブラック M GR7054459
by カエレバ

カブト

日本のメーカーであるカブトは、スタイリッシュさと安全性を両立させながら、プロから子供まで幅広いラインナップのヘルメットを展開しているメーカー。自転車用のヘルメットとは別にモーターバイク用のヘルメットを開発しており、そのリリースされるヘルメットは安全設計を一番に掲げているため、数多くのライダーが使用している。

基本的に日本人の頭に合ったヘルメットをリリースしているので、海外メーカーのヘルメットがどうしても合わないという人は試してみるといいだろう。

OGK KABUTO(オージーケーカブト) ZENARD [ゼナード] コクーレッド XL/XXL
by カエレバ

カスク

2004年にイタリアで創業したカスク。そこまで歴史のあるメーカーではないが、自転車、登山、スキー、建設現場など、さまざまな分野において最先端のヘルメットを開発・リリースすることで多くの人の頭部を守っている。

その使命は、競合他社に対して技術的優位性をもち、機能性、安全性、そして魅力的なデザインを高レベルで実現したヘルメットを作ることだ。

カスク(KASK) PROTONE <ブラック基調> ロードヘルメット M ブラック/ライトブルー
by カエレバ

メット

イタリアに本拠を置くヘルメットメーカーであるメット。そのデザインは空気の流れを操る巧みな設計によって抜群の通気性を常に追い求めている。高い安全性を確保しつつも革新的な技術を投入した製品を数多く生産している。

軽量化や快適さが常に追求され、設立当時から過酷なレースで試され続けている同社のラインナップは、スマートな外観の中に真価を隠している。

メット シンセンス イエローセーフティー ヘルメット L(58/61cm)
by カエレバ

アールエイチプラス

2001年にイタリアで生まれた自転車アパレル&ヘルメットメーカーのRH+。

企業理念であるスポーツ・イノベーション・スタイル・イタリアンビジョンの4つを軸に、このメーカーの製品はどれもイタリアンブランドらしい情熱と多くの機能が注ぎ込まれ、魅力あるラインナップ。

rh+(アールエイチプラス) ZY EHX6055 32 シャイニーレッド/アローマットアンスラサイト L/XL
by カエレバ

セレーブ

イタリア・ミラノ郊外で昔ながらの自社生産にこだわり、ヘルメットだけでなく、バーテープやサングラスなどのアクセサリーを作り続けているセレーブ。

イタリアらしい洗練されたデザインと、形状が日本人の頭にフィットするので人気を集めている。

Selev(セレーブ) ヘルメット セレブ DOC 04 マットオレンジ M
by カエレバ

スミス

創業50年の歴史を持つメーカー。創業当初は曇らないスノーゴーグルづくりから始まっている。

現在は自転車やスノースポーツで使用するアイウェアをメインとして、様々なアイテムを生産している。全体的に精度が高く、デザイン性も高いので、スミス製品への信頼は厚く、幅広い支持を多くのプロアスリートから得ている。

SMITH スミス バイクヘルメット SMITH Bike Helmet オーバーテイク Overtake Matte Navy 01102104 L【Mens】
by カエレバ

初心者おすすめヘルメット

ロードバイク向けヘルメットのラインナップはカラーリングやオプションパーツを含めると非常に多くの種類が存在する。というのもカテゴリーや用途に合わせて、機能やデザイン、さらに価格帯等を詳細に作りこんだ結果なのだ。

ヘルメットは高ければいいわけではなく、用途に適していることが大事。初めてヘルメットを購入する人で、基本は街乗りメイン、たまにのロングライドにロードバイク使うには以下のヘルメットがおすすめだ。

おすすめはOGK KABUTO FIGO 4,981円

リーズナブルながらJCF公認(承認レースで使用可能)。サイクリングレースにもこれで参加できる。顎ヒモの作りもしっかりしており、フィット感が高く、長い間かぶりっぱなしでも違和感を感じない作りはさすがに日本メーカーが日本人向けに作っているだけのことはある。

このヘルメットのポイントは日本人の頭にフィットするように作られているので、海外メーカーのそれに比べかぶりやすいのが特徴。サイズはM/Lしかないが、ヘルメット後ろのダイヤルで調節できるので、頭の大きい人でも問題なくフィットする。ネットで購入するとサイズが…という人は多いが、このモデルならワンサイズなので選びやすい

安全に走るために、顎ヒモ部分がしっかりしているかというのも重要なポイントだが、ヒモ部分がしっかりと作られており、万が一の時に外れたりずれたりしにくい作り。

ヘルメットのズレやブレを抑える機能も

ヘルメットのズレやブレを抑える機能

FIGOにはヘルメットのズレやブレをさえる機能である「クラニウムロック-8」というものがついており、ヘルメット後ろのアジャスターダイヤルを回すことによって、頭にぴったりとフィットさせ、しっかりとホールドできるようになっている。この機能、回すだけなのでヘルメットをかぶる毎回調整することができるので、毎回の手間が少ないところがポイント。

クラニウムロック-8

締め付けを広げたり緩めたりと頭の大きさに合わせた調整ができるだけでなく、角度も調整できるのでより自分にフィットした装着感を得ることができる。

ロングライド時にうれしい対虫機能

ロングライド時にうれしい対虫機能

ヘルメットの中にネットが張っているが、装着感を増すという意味合いは少ない。どちらかというと、虫対策。このネットの名前が、A.Iネットという名前で、アンチ インセクト ネット(Anti Insect Net)の略。

ロングライドしていると思いもよらぬところで虫の大群に遭遇することも。ヘルメットは穴が多く空いているのでそこに虫が入り込むという場合もあり、入ってしまうとサイクリングどころではなくなってしまい、虫対策は意外に必要。このネットがあるおかげで、ヘルメットから髪に虫が入り込まなくなっているので、ロングライドには結構必要。地味だがポイント高い機能の一つ。

キノコになりにくい作り

ヘルメットをかぶるとキノコみたいになることが多い。これは頭の形に比べヘルメットが大きい場合に多いが、わりと大きく膨らまないようにできている。ただ、この辺りは個人差が大きいので絶対的ではない。

5000円以下で本格的なヘルメットを探しているならこれ一択

価格も安く、アマゾンなら5000円以内で購入できる信頼のできるヘルメットを探しているのであれば、これ一択。色は4色あるので愛車とマッチする色を選べるのもうれしい。もっと安いヘルメットもあるが、レースに出れるぐらいの安全性があり、調整がしやすいので、最低限このレベルのヘルメットを選ぼう。

OGK KABUTO(オージーケーカブト) FIGO[フィーゴ] M/L パールホワイト
by カエレバ

役に立った!と思ったらシェアお願いします。

必須アイテム・便利なアイテム

ロードバイク虎の巻カテゴリー