初心者がロードバイクで使うリュックを選ぶならドイターのレースXがおすすめ

Recommend Deuter Race X if beginner choose a backpack to use in road bike

ロードバイクをレースやトレーニングなどスポーツ目的で乗る場合は特に問題がないが、通勤やロングライドする場合に不便に思うことの一つが荷物。ここでは初心者がロードバイクで使うためのおすすめのバッグを紹介する。
初心者がロードバイクで使うリュックを選ぶならドイターのレースXがおすすめ

はじめに

はじめに

ロードバイクをレースやトレーニングなどスポーツ目的で乗る場合は特に問題がないが、通勤やロングライドする場合に不便に思うことの一つが荷物。サドルバッグは思った以上にモノが入り、フレームに取り付けるボトルホルダーにもある程度の荷物を入れておくことができる。

しかし、通勤時であれば駐輪場に駐輪する必要があるため、盗難の恐れのあるサドルバッグは乗車のたびにつけ外す必要があるし、なによりサドルバッグには着替えやタオルなどそこまでの量を入れることはできない。

そのため、ある程度の容量のあるバッグを探すことになるが、前傾姿勢を常にとる必要があるロードバイクにとって、ブリーフケースや手提げかばんなどは向かない、また、普通のリュックでは激しい運動を行うと背中の汗を大量にかいてしまい非常につらくなるので、汗で蒸れない快適なバッグを探すことになる。

そして体への負担が少なく、多少動いても大丈夫なバッグを探す必要があるが、バックの種類は多種多様なので何を選んでいいかわからない人も多いだろう

どんなバッグを選べばよいか

ロードバイクで使えるバッグ形式

ロードバイクはドロップハンドルで前傾姿勢をとる。また、前かごは存在しない。そのため、普通の自転車で可能であった前かごに荷物を入れることや、ハンドルにバッグをひっかけて運ぶことができない。つまり、普段の通勤に使っているブリーフケースや革のカバンは使えない

そのため、必然的に背中で背負うことができるリュックタイプのものや、肩から掛けるタイプのバッグを選ぶことになる。

注意したい点としては肩から掛けるタイプのバッグ。肩にかけるのであれば何でもいいかといればそうではなく、ロードバイクは前傾姿勢をとったり、普通の姿勢に戻ったりと動きが大きく、普通の肩掛けカバンだとだんだんと前に来て走行の邪魔になってしまう。ロードバイクで肩掛けタイプを選ぶのであればメッセンジャーバッグタイプのものを選ぶべきだ

使えるバッグ 使えないバッグ
バックパック(リュック)
メッセンジャーバッグ
3wayバック
サドルバッグ
ブリーフケース・ 手持ちカバン ・ トートバッグ
→走行中は手持ちできない・ハンドルにかけて走れない
普通の肩掛けカバン 
→走行中にバッグ本体が徐々に体前面にずれてくるので走りにくい

 

運びたいもの

運びたいもの

通勤時には以下のものを運びたい。

携帯・財布・着替え・タオル(汗ふきシート)・制汗スプレー・日焼け止め・パンク修理キット・レインウェア

 

汗対策

実はこれが一番の悩みどころで、普通のリュックタイプのバッグをロードバイクで使用すると、前傾姿勢も相まって背中がふさがれた状態になってしまう。そして激しい運動を行うため汗をかくが背中が塞がれているので、蒸れてしまう

多少の蒸れなら問題ないが、30分を超えてくると激しい運動による汗で背中が濡れてきて非常に不快。というのも、背中は汗をかきやすい場所の一つにもかかわらず、熱を逃がすことができないからだ。また、通勤などの場合会社に着いた時には背中が濡れていると働くどころの話ではない。

もう一つ忘れがちなのが肩部分。ロードバイクで使用できるバッグのほとんどが肩で支えるもの。肩でベルトを支えている状態で運動を行うとその部分も蒸れてしまい、こちらも不快だ

体への負担対策

体への負担対策

ロードバイクに乗るのであれば一グラムでも軽量なほうがいい。特にバッグの重さは体で支えるものなので、重いバッグは体への負担が大きい。ヒルクライムは重力との戦いで、荷物はできるだけ軽量になるのが好ましい

もちろん、ロングライドや通勤時だって軽いほうがいいに決まっている。しかしながら重量が軽いと入れることができる容量が減るので必ずしも軽いバッグが良いかというとそうではない。

メッセンジャーバッグタイプはひもを調節すれば背中をあけることができることが大きなメリットだが、片側の肩で支えるためバランスが悪い。短距離であれば特に気にはならないが、100キロを超えるロングライドだと地味にダメージになってしまう。

雨対策

雨対策

雨はいつ降ってくるかわからないもの。中身までは濡れなくてもバッグの外側が濡れてしまうとその後の扱いに非常に困る。

普通のバッグだと雨対策がとられていないことが多く、突然の雨に対応できない。一方でメッセンジャーバッグは軽量で丈夫なデニールコーデュラナイロンなどの雨に強い素材を使っており、多少の雨ならそのままでも大丈夫。他にもリュックによっては専用のレインカバーがついているバッグもあるので、雨対策がとられているものを選びたい

可能であればロングライドにも使えるものを

通常は通勤時に使いたいが、ロングライドにも使えるバッグが欲しい。それなりの容量を入れることを想定するだけでなく、ロングライド時のものの出し入れをスムーズに行うためにも、複数ポケットが備えられているなど使いやすいものを選びたい。

解決するために必要な機能
  • そこそこの容量
  • 軽量
  • 前傾姿勢でも持ちやすい
  • 背中の汗対策されている
  • 雨対策されている

どの形式のバッグがよいか

リュックなどの背中に背負う系(3wayバッグ・バッグパック)

  • 肩だけでなく背中にも荷物荷重が分散されるため体への負担が少ない
  • 2本のストラップで固定するためカバンが安定し走りの邪魔にならない
  • 背中が塞がれるので背中汗対策されたモデルを選ぶ必要がある

メッセンジャーバッグなどの肩にかける系

  • ストラップを長くすることで背中全体をあけることができるため背中汗に悩むことがない
  • 全ての荷物を肩で支えるため長時間のライドだと肩への負担が大きい
  • メッセンジャーが使うことを想定しているため、急な雨に対応できるよう基本的に防水力が高い
  • バッグの蓋がベルクロ(バリバリしてくっつくアレ)素材なのでバッグを空けるときは大きな音がする

ロードバイクにおすすめのバッグ

上記の要件を考慮したうえでお勧めしたいリュックタイプのバッグはドイターのレースX。

ドイターレースX の概要

  • 価格:8000円(税抜)
  • 容量:12リットル
  • 重量:600g
  • サイズ:H44×W24×D18cm

ドイターとは

ドイターとは

http://www.deuter.com/jp/JP/

登山用バッグでおなじみのドイター

1898年にドイツで郵便局等の業務用袋のメーカーとして創業したドイターは、1900年代前半のヒマラヤ遠征やアイガー北西壁初登頂などへの用品提供を通し、次第に登山用バックパックメーカーとして拡大していく。

登山用だけでなく自転車用のバッグにも力を入れており、1991年に世界で初めて自転車専用設計のバックパックを発表し、その後改良を繰り返しながら現在のロードバイクのバッグパックの主流メーカーになるまで成長した。

背面通気性が高いバッグをリリースしているメーカー

ドイターのバックパックの最大の特徴は、背面構造。背面通気性を高めるために、用途に応じたさまざまなベンチレーションシステムを考案している。とくにロードバイクで使用するバッグには、背中と接する部分の通気性と、走行時にも体からズレないフィット感が重要。

ドイターでは、背中とパックとの間の通気性を考慮し、メッシュパネルを張った「エアコンフォートシステム」や、縦にウレタンパッドを配した「エアストライプシステム」などの背面構造を採用。さらにパックが体にフィットするように、肩や腰のストラップの形状や素材を研究し、各モデルの製品作りに生かしている。

おすすめの理由

スナップボタン付きジッパー

スナップボタン付きジッパー

激しく動くことを想定して作られているため、ジッパーどうしを留めることができる。これがなくてもジッパーが勝手に開くことはないが、とめておけばより安心。

ハイドレーションシステム対応

ハイドレーションシステム対応

ハイドレーションとはバッグの中に水筒にチューブ用水筒を入れて、バックから水筒を出さずともチューブを使いいつでも給水ができるというシロモノ。ショルダーストラップ部分にチューブ式水筒を使うための開口部とクリップが付いている。ここにチューブを通して使用する。ちなみに、容量は2リットルなので、ハイドレーションを選ぶ際は容量にも気をつけたい。

ハイドレーションは超ロングライドやレースなどに使用するのには非常に便利だが、日常使いや自転車通勤などには使用しないので、この部分にタオルなどのすぐに使いたいものを入れておくと便利。

収納に便利な小物入れやボトル入れ

自宅の鍵がバッグの奥底に入ってしまって探しづらい経験はだれにでもあると思うが、別途入れるスペースがあるのでそのようなトラブルに見舞われることはない。また、仕切りが多いので日焼け止めを入れる場所や補給食を入れる場所など細かく分けられるので便利。

収納に便利な小物入れやボトル入れ

ボトルを入れる場所は2か所。ロングライド時は複数のボトルを使用するので、2つあると便利。冷たいボトルを入れておいて結露したとしてもメッシュ状になっているのでバッグへの影響は少ない

他にもこの部分には走行中に脱いだウィンドブレーカーを縦長く丸めて入れることもできる。ボトルは中に飲み物が入っていると重量が増し、体への負担を増やすことになるので、ロードバイク走行中はフレームについたホルダー取り付けておいたほうがいい。

ヘルメットを取り付けることができるフック付き

ヘルメットを取り付けることができるフック付き

ヘルメットを使わないときはここに通して収納する。ロードバイク用に作られているため、サイズはぴったり。バッグの中に入れるとどうしてもヘルメットの汚れがバッグ内部についてしまいがちだが、外面に留めるのでそのあたりの心配をすることはない。また、内部に入れなくていいもう一つのメリットはその分の容量を考えなくていいことだ。

自転車通勤に適した容量と重さ

バッグの容量が増えるとそれだけ重さも増える。ロードバイクは一グラムでも軽いほうが軽快に走るし、体への負担も減る。つまり、大は小を兼ねるというわけにはいかず、自分が持ち運ぶ容量に適したバッグを選ぶ必要がある。

ドイターレースXのサイズは12リットル。着替えや携帯、財布、タオル、雨具など通勤に必要な一式がちょうど入り、通勤用であれば十分な量。自転車通勤はもちろんのこと、ロングライドや一泊レベルでも問題ない。この容量で重さは620グラムとバックパックタイプの中でもかなり軽量な部類に入るため、重さによる疲労を軽減できる。

高い通気性

背中との接地面はドイター エアストライプ システムで快適

背中との接地面はドイター エアストライプ システムで快適

ドイターレースXの一番のウリは、背中との接触面積を限りなく少なくした「エアストライプ システム」を採用していること。

通気経路を作り出している2本の曲線的なフォームストライプは、強化発泡ウレタンパッド。これが細かな溝をつくることで背中への接触面を最小限に抑え、最大の通気性と安定感をもたらす

このシステムはバイク乗車中の左右の揺れに対しても安定感があり、さらに熱気は上の方に排出されるという効果がある。

ショルダーストラップとヒップウィングは通気性と安定性に優れているメッシュ素材

ショルダーストラップとヒップウィング通気性と安定性に優れているメッシュ素材

多くのバッグで起こり得るのが肩部分の悩み。例えばメッセンジャーバッグであれば片側の肩でバッグを支えるため、肩部分にバッグの重さが集まったり、その部分が蒸れて不快になったりする。

ドイターレースXは3Dエアメッシュカバー付きショルダーストラップを採用。肩部分がメッシュ素材になっているので、蒸れにくくなっている。激しい動きを想定しているため、ストラップは体の曲線に合わせたS形により、どのような姿勢で乗っていても動きを妨げない。さらにチェストストラップを締めることでさらに固定力が増す。

一方で重いものを持った時に肩に荷重がかかり痛くならないかと心配になるが、このバッグは両肩に加え、背中と腰部分で支えて重さを分散させるためよほど重いものを持たない限り肩への負担は少ない。

正しいポジションで背負うことで背面の80%の面積を空気が循環するようになっており、様々なツーリングの機会において、快適な通気性と安定性を提供する

体にフィットする装着感

体にフィットする装着感

ロードバイクのバッグに求める特徴の一つとして「軽さ」という要素があるが、軽くするために素材を薄くすることは可能な一方、それだと荷物が背中に直接あたるので快適ではなくなる。

ドイターのバッグはそのあたりよく考えられており、背中部分のクッション性が高く、硬いものを入れていても背中への影響が少ない。例えばiPadを背中部分に入れて走ってみても異物感を感じず気にならない。

バッグの構造にもこだわりがあり、ロードバイクは前傾姿勢をとるため普通のリュックでは体にうまくフィットせず、荷物を背中の変な部分で支えることになって変な体制で荷物の重さを支えてしまったり、バッグの中身が背中で暴れる状態になったりしがち。

一方でレースXは自転車用に開発されているのでその点もきちんと考えられており、前傾姿勢をとっても荷物の重さを背中と肩でバランスよく支えられ、荷物の重さが気になりにくい

また、リュックによっては前傾姿勢をとると重心がずれてしまい、ヘルメット後部にバックパックに当たることもあるが、この辺もきちんと考えられており、深い前傾姿勢でもバッグがずれてくることがない。

耐水性

本体の耐水性

バッグ本体の耐水性については、小雨程度であれば特に問題ないが、完全防水ではないので大雨の場合は中身が濡れてしまう。雨の状況にもよるが、そこそこ降ってきたらおとなしくレインカバーを使うこと。

レインカバーが付属

レインカバーが付属

レインカバーが最初から付属しており、うれしいポイント。レインカバーは底部分に専用の収納箇所があり、どこに入れたか忘れることがないので安心。耐水性がある素材なので大雨でも中身が濡れることがない。また、専用のレインカバーなのでバッグ全体をまんべんなくカバーできる

問題点

普通のバッグは荷物が少ない時は小さく折りたためるものが多いが、背中部分の通気性を高めるために硬く折りたためない。そのため、小さく折りたたむことができない。一応、コインロッカーや一般的な会社のデスク引き出しには入る。

あと、通気性は他のリュックに比べてはるかに良いが、背中の通気性だけで鑑みるとメッセンジャーバッグの方が通気性は高い。この辺りは個人の好みで。

まとめ

荷物を持ち運ぶ必要がある場合、リュックタイプのものを選ぶのであればドイターレースXはおすすめ。ロードバイク乗車に特化した機能が揃っており、荷物の重さを感じにくく快適。このバッグを使ってしまうと、他のリュックを使えなくなってしまうぐらい。

色もカラフルなものが揃っているので遠くから目立ち事故防止の役目も。もちろん、バッグの使用が通勤メインであれば地味な黒や灰色のモデルを選ぶのも一つ。

なお、より大容量のものが必要な場合は14Lのモデルやファスナーの開閉で最大15Lの容量になるモデルがあったり、さらに10リットルと容量の少ないモデルも存在しているので、使用用途に合わせて選ぶのもいいだろう。

役に立った!と思ったらシェアお願いします。

必須アイテム・便利なアイテム

ロードバイク虎の巻カテゴリー