フレーム材質の選び方

Frame (material ed)

フレームはロードバイクにおいて最も重要であるパーツ。フレームの性格が、そのロードバイクの性格の大半を占めるといっても良い。ロードバイクのフレームにはどのような素材が使われているのか、どのような違いがあるのか見ていこう。
フレーム材質の選び方

ロードバイクの乗り味はフレームの素材に大きく支配される

ロードバイクの性能は、すなわちフレームの性能と言っても過言ではない。ロードバイクのフレームに使われる主な素材は、アルミ、カーボン、スチールの3種類。

どんな素材のどんな銘柄のチューブを使っているかで走りが大きくかわってくる

フレームの性能は、ヘッドチューブやシートチューブの角度といった各部の寸法もそれを左右する要素として大きいが、基本的にどんな素材のどんな銘柄のチューブを使っているかで走りは大きくかわってくる。

フレームの違いを味わいたいなら実際に乗ってみることをおすすめする。路面からの振動が少ない、ペダルひと踏みで軽く前に進むなど、ある程度ロードバイクに乗っていればすぐに分かってしまうものだ。

どの素材がもっとも優れているとは言い難い

それぞれの素材については、説明文を参考にしてほしいが、基本的にどの素材がもっとも優れているとは言い難い。メーカーのカタログを見るとスチールからカーボンまで素材の異なるモデルがラインアップされているが、それぞれの素材で特化した性能があり、反対に弱点もある。

こうしたことからもわかる通り、あくまでも素材がもつ個性、つまり乗り味は自分の走りかたやコースなどに合わせて選択すればいい。そして、各素材の乗り味を楽しむというのもロードバイクの大きな魅力の1つでもある。

フレームに使われている素材の紹介

アルミ

カーボン素材が出てくるまで、フレーム素材の主流となっていたのがアルミ素材。クロモリに比べて軽いが、剛性は劣る。比較的安価なため、エントリーモデルに適している。ペダルの入力に対するシャープな反応性はレーサー好みだ。

重量もフォークなしで900g程度のものもある軽さ、剛性、価格といった要素のバランスが優れるアルミだが、素材自体の反発性が低いので、振動吸収性に劣る。

とはいえ、カーボン製のフォークやシートステーを組み合わせたり、近ごろはチューブに特殊加工を施したものも登場し、それを克服している。

カーボン

現在主流となりつつあるのが、超軽量でありながら高剛性と柔軟性を併せ持つカーボンフレーム。

軽さも魅力の1つだが、この素材が注目される理由は、振動吸収力の高さだ。外部から入力があるとカーボンとエポキシの間で摩擦が発生して振動を吸収する。また繊維を織り込んで作るので、それ同士の角度や重ね方により、反発特性や剛性を自由自在に調整できる。

弱点は高価ということと、割れやすいこと。転倒したり何かにぶつかったりするとフレームが割れてしまうこともある。初めてロードバイクに乗る人はこの点を気をつけたい。

クロモリ(スチール)

クロームモリブデン鋼を使って作られたクロモリフレームは、重量は重くなるが、剛性はどの素材よりも高いのが特徴。

一般的にスチールフレームのことを「クロモリ」と呼ぶことが多いが、正式名称はクロームモリブデン鋼。クロームとモリブデンを添加している鉄鋼材ということだ。

チタン

チタンはクロモリに匹敵するほどの剛性を持っているが、高価で加工が難しいため、あまり普及していないのが現状。カーボン素材の普及により、よりレアな素材となりつつある。

独特の輝きがもたらす高級感は、メーカーのハイエンドモデルとしてラインナップされるほど。ロードフレームの素材としてデビューした当時は軽さが注目されたが、今ではカーボンやアルミといった素材にはかなわない。

スカンジウム

原子力系や航空系の素材に使われることが多い。最近では拳銃にも使われる。自転車用に使われるのはアルミ合金の添加剤としてスカンジウムを加えることでより軽く、より硬いチューブを作ることか可能だ。剛性感を損なうことなく軽量フレームを作ることができる。

マグネシネウム

カーボンと同等の強度を持ち、アルミよりも軽量なマグネシウムは新素材として注目されているが、可燃性が高く加工が難しいため、現在のところ一部のメーカーでしか取り扱っていない。

役に立った!と思ったらシェアお願いします。

人気のページ

ロードバイクの選び方

ロードバイク虎の巻カテゴリー