コンポーネントの選び方

Component

ロードバイクはフレームを中心に、各部分の機能パーツが取り付けられている。これらのパーツはコンポーネントと総称されており、シマノとカンパニョーロという2社の製品が主に使用されている。ここではコンポーネントについての基礎的な事柄を解説していく。
コンポーネントの選び方

コンポーネントとは

主要パーツを同一ブランドの同一グレードで揃えるグループセットという概念が主流

ロードバイクに細み込まれる変速機やブレーキといった部品は、主要パーツを同一ブランドの同一グレードで揃えるグループセットという概念が主流になっている。

このコンポーネントのグループセットという考え方は、カンパニョーロが最初に考え出したものだ。

ディレイラー

BIANCHI OLTRE XR2 SUPER RECORD 11SP COMPACT / DOUBLE

コンポーネントはカンパニョーロの最上位モデルであるスーパーレコード。本体価格は1,130,000円(税抜)

このコンポーネントの概念が確立されるまでは、それぞれ違ったメーカーのパーツを組み合わせて使っていた。しかし、カンパニョーロが組み込まれるパーツのメーカーを統一することでより高いパフォーマンスを発揮できるようにするというこの方式は、ロードバイクの世界で定番化した。

主なメーカーはカンパニョーロ・シマノ・スラムの3社

現在フルセットでの製造を行なっているのはカンパニョーロとシマノ、そしてスラムだ。同一のメーカーで、リアの速数(ギアの段数)が同じであれば基本的には共通性があり、サードパーティと呼ばれているカスタムパーツメーカーから、各コンポーネントに対応したパーツがリリースされている。

スプロケット リアの速数に合わせて設計され、速数分のギアがセットになったカセットタイプになっている
リアディレイラー 各メカの中でも最も酷使されるリアの変速機。精度、強度、軽さ、速数など各メーカーが競って開発している
BB(ボトムブラケット)/カップ クランク回転軸のベアリングをユニット化したのがBB。セットされるハンガー部分には2種類の規格がある
フロントディレーラー 2速用、3速用、コンパクトクランク用と分かれているが、2速用とコンパクト用は共通のメーカーもある
クランク 各メーカー取り付け方式や材質など様々に工夫をこらしていま式最近はコンパクトタイプが増えてきた
コントロールレバー ブレーキとシフトが操作できるデュアルが主流だ。各メーカー独自のシステムで、ディレイラーとセットで使用する。
ブレーキ キャリパーブレーキが基本だ。グレードによってアームの強度や精度等に差がある
チェーン 各メーカー、リアの速数ごとに専用の物が用意されます。また、グレードによって仕上げ等が変わる

パーツの種類

ディレイラー

ディレイラー

シマノ デュラエース

シマノが誇るプロレース用のトップモデル。ツール・ド・フランスなどのレースでも多く使われている。

リアディレイラーはカンパニョーロの「グランスボルト」に始まるパラレログラム式を各社が採用している。

各社異なる部分として、素材の使い方やデザイン、考え方等に差があり各社個性がある。

フロントは2速、リアは11速が最も多く、スラムとグランコンペはシマノの規格に準じているためスプロケットやチェーン、チェーンリング群が使用できる。

コントロールレバー

コントロールレバー

ロードバイクの変速は、長い間フレームに取り付けられたレバーで行なわれていた。しかし、1991年にシマノが発表した、ブレーキレバーでシフトをコントロールすることができるデュアルコントロールレバーがあっという用に浸透し、現在ではロードバイクの標準になっている。

シマノのシステムはSTI〈シマノトータルインテグレーション)、カンパニョーロはエルゴパワー、スラムはダブルタップコントロールと、このデュアルコントロールレバータイプの呼称はメーカーによって異なる。

また、変速操作の方法も異なるため、実際に操作してみた時に自分にどのシステムが一番しっくりくるかというのもコンポーネントのメーカーをチョイスする際に重要なポイントになると言って良い。

ブレーキ

ブレーキ

ロードバイクのブレーキはキャリパーブレーキが標準だ。ホイールのリムを向側から挟むことで制動力を発揮させるという、自転車としては極めてシンプルな構造を持っている。

しかし、レースでの使用を前提に考えられるロードバイク用のブレーキの場合、本体に強度が求められ、ブレーキをかけた時にアームがしなれば、その分の力は逃げてしまう。また、ロードバイクの部品である以上、軽くなければならないというのも命題としてある。

強度と軽さという、相反する要素を両立させるために、各メーカーは材質や形状といった部分を模索しているのが原状。グレードが高くなるほど軽くなり、強度も上がる。また上級グレードになると可動部分の軸にベアリングが使用されている物もある。

クランク

クランク

クランクはロードバイクの動力を生み出すパーツであり、精度、強度、軽さといった様々な要素が絡み合う部分だ。クランクに取り付けられるチェーンリングはフロントのギアであり、普通は2速だ。脚力に自信がない場合3速のものをつけることもあるが超例外。

クランクの材質はアルミかカーボンが使われているが、アルミを得意とするシマノがカーボン製をリリースするなど、今後はますますカーボン製にシフトしていく傾向にある。また、クランクには数種類長さが設定されているので、交換する際には長さもきちんと選ぼう。

ボトムブラケット(BB)

ボトムブラケットは、クランクの軸とベアリングが一体化されている物が基本形だ。ボトムブラケットには規格がある。

チェーンとスプロケット

スプロケットは速数分が1セットになったカセットスプロケットが基本。スプロケットが取り付けられる部分の形状はメーカーによって異なる。カンパニョーロの変速機とシマノのスプロケットは、またその逆は適合しないが、スラムとクランコンペはシマノのスプロケットに対応している。

コンポーネントの選び方

"先進の高性能がウリのシマノ""感性に訴えるカンパニョーロ"

かつてはいくつかの選択肢があったロードバイク用コンポーネントであるが、メーカーが淘汰されたりコンポーネント製造から手を引いてしまったりしたため、現在では日本のシマノかイタリアのカンパニョーロのどちらかを選ぶことになる。

さて、シマノとカンパニョーロのどちらを選ぶかということについてだが、現在ではどちらも相当に性能を磨いているので、ルックスなどの好みで選んで問題ない

一番気になる変速性能であるが、両者とも甲乙つけがたい。以前はシマノの変速性能の方が上という人が多かったが、今ではカンパニョーロの方が変速が速くなったという人までいるくらいだ。シビアにファンクションを比較して決めたいという人は、メーカーの試乗会などの機会に乗り比べてみるのがイイだろう。

一般的には「性能のシマノ、ステイタスのカンパ」と言われるが、確かにカンパニョーロの製品はコストがかさむカーボンやチタンを多用するなど、感性に訴える部分は大きい。

一方のシマノはデュラエースでさえ「できるだけコストを抑えて高性能を引き出す」という設計方針であるので、後は財布の中身と個人の好みに任せるしかないだろう。

シマノとカンパニョーロのミックス使用に関しては、変速系などはまったく不可。シマノユーザーがブレーキだけカンパにするという互換性に関係のない部分なら問題ないが、基本的にコンポーネントはトータルで設計されているので、あまり混ぜない方が無難。

予算に合わせて選ぶ

完成車選びで悩ましいのが、まずシマノとカンパというブランドの違いだ。価格やパーツの入手しやすさで言うならシマノ、実戦的な設計やトラディショナルデザインで考えるならカンパといったところだろうか。

またギアの段数で言うなら、最近は両社ともトップグレードから11速化が盛んだが、効率の良さにそれほどこだわらなければ、9速でも充分と考えていい。

コンポーネントのグレード(シマノ)

シマノ

DURA-ACE
デュラエース
1973年にリリースされたシマノの最高級ロード用コンポーネント"デュラエース"であるが、その後"デュラエースEX"、"デュラエースAX"、"7400系デュラエース"、"7700系デュラエース"、"7800系デュラエース"、"7900系デュラエース"とフルモデルチェンジをくり返し、現在は2012年に発表された"9000系デュラエース"に進化している。
ULTEGRA
アルテグラ

2005年、「ナチュラル」というデザインコンセプトのもとアルテグラがフルモデルチェンジした。新しい6600系アルテグラの最大の目玉はリアの10スピード化だ。

また、エルゴノミックな形状のデュアルコントロールレバーやホローテッククランク、リアディレイラーのワイドなアウターリンクデザインなど、7800系デュラエースゆずりの機能が満載されている。

105 リアスブロケットがついに11スピード化され、変速などの基本性能は上位機種と比べても遜色はない。重量面や仕上げでやや妥協があるものの、レース用の入門コンポーネントとして何の過不足もなく使えるだろう。
TIAGRA
ティアグラ

「レクリエーショナルコンポーネント」という位置にあるティアグラだが、もちろんホビーレースなどで使ったりしても何の問題もない。

リアスプロケットは10スピードを採用。変速性能も上位機種と比べ遜色はない。この辺のキッチリとした作り込みは、さすがシマノといったところだ。フラットバー仕様のレバーもある。

SORA
ソラ

シマノのラインナップの中ではボトムを受け持つロード用コンポーネントである。材料の選択や仕上げなどはやや見劣りはするが、入門用コンポとしては十分すぎる機能を備えている。

また、リアスプロケットは9スピードと割り切っているが、初心者にはギアの選択もなかなかムズカシイ物なので、逆に使いやすいとも言える。

コンポーネントのグレード(カンパニョーロ)

カンパニョーロ

RECORD
レコード

発表当初からエルゴパワーやリアディレイラーにカーボンを採用していたレコードであったが、シートピラーやクランクフロントディレイラーなどにもカーボンが採用されるようになり、ますます''カーボン化の度合いが増している。

軽量で強靭なカーボンは、フレームばかりでなくパーツにも極めて有効な素材であるが、コストが高くなってしまうという側面もある。それをあえて採用しているところに、カンパニョーロのレーシングパーツ専門メーカーとしてのプライドが感じられる。

CHORUS
コーラス

高級品志向の強い日本では、カンパニョーロというとレコードばかりが注目されがち。実際、レコードが最も売れるという"逆ピラミッド現象"が起きている。しかし、セカンドグレードのコーラスも、お買い得感の高いモデルであると言えよう。

たとえばハブやブレーキアーチ、チェーンリングなどのアルミ製パーツの仕上げは、レコードとまったく同等。さらに2005年モデルからリアディレイラーやエルコパワー、クランクなどにカーボンが採用されるようになった。レコードで採用されているチタン製のボルト類は、コーラスではスチールに置き換えられているものの、まさにコーラスは数年前のレコードに匹敵する内容なのである。それでいて値段的にはレコードよりこなれている。

CENTAUR
ケンタウル
もともと"デイトナ"の名前でリリースされたが、2002年モデルからケンタウル(イタリア語の発音は"チェンタウル'')と改名された。基本的なファンクションは上位機種と同等で、ガンガン使う人に向いている
VELOCE
ヴェローチェ

シマノに例えるなら105かティアグラあたりに相当するモデルであるが、ちゃんと10スピードを備えている。各部の仕上げにも安物感はなく、フラットバー用エルコパワーと組み合わせて高級な街乗り車に最適だ

MIRAGE
ミラージュ

これまでイタリアからやってくる完成車でしか見かけなかったミラージュであるが、カンパニョーロジャパンがパーツ単体の供給も行うようになった。日本ではあまり人気がないが、もっと使われてよいコンポである

XENON
ゼノン
カンパニョーロの入門モデルである。仕上げや重量などはそれなりだが、"安物"に徹して使えば逆にカッコイイと言える。こういったコンポーネントが売れてこそ、日本の自転車文化も成熟するのかもしれない

役に立った!と思ったらシェアお願いします。

人気のページ

ロードバイクの選び方

ロードバイク虎の巻カテゴリー