ロードバイクから異音がする場合のチェック項目

Items to check if the abnormal noise from the road bike

ロードバイクにしばらく乗っていると気になってくるのが異音だ。タイヤからの異音や、チェーンからの異音、サドルやハンドル、ブレーキなどから出る異音は、ロードバイク本体に何か起こっている証拠。そのままにしておくといずれは大きなトラブルにつながる可能性が高い。ここではパーツごとの異音の原因とその対処法について紹介する。
ロードバイクから異音がする場合のチェック項目

走行中に異音がする時はどこから音が出ているかチェックする

走っているときにロードバイクから異音が発生する理由は様々だ。注油不足、ワイヤーの緩み、ハブ回転部のガタつき、バルブとリムの接触や、スポークの緩み、またはスピードセンサーとマグネットが接触している場合などが考えられる。

メンテナンス不足からくる異音もあるが、走行中に引き起こされる異音もある。ロードバイクは走っている問、細かい振動が連続して起こっている。その繰り返しが大きな力となり、接合部分を緩ませる原因になるのだ。

なんにせよ、そのままだと大きなトラブルにつながりかねない。異音を感じたら、まずはロードバイクを停車させ、どのパーツから異音がしているかをチェックして対応するとよい。

ホイールやハブからの異音がする場合

がたつきがないかをチェック

ホイールやハブからの異音

前輪を持ち上げて地面に落とし、どこから異音がしているかを確認。異音がすればホイールにガタが出ている場合が多い。同様に後輪も確認しよう。前後輪ともに、ロードバイクを持ち上げた状態でホイールを回転させてリムの振れを確認したい。

ホイールにガタがきているならば、ショップに持ち込むことをおすすめする。自分でも調整できなくはないが、ハブの型式によって工具も違い、締めすぎたり緩くても回転に影響を与えてしまうためだ。

ブレーキからの異音がする場合

ブレーキシューの位置がずれている可能性大

ブレーキからの異音

一番の原因はブレーキパッドの角度がおかしくなってること。特に後輪のブレーキ部分に多く、地球ロックをした際、ブレーキ部分に力がかかり曲がってしまうことがある。こうなると、片側だけ常にブレーキがかかった状態になり、異音が発生するとともに前に進みづらくなる。ブレーキの角度は手で簡単に調節できるので不具合を感じたら調整するとよい。

ブレーキシューの角度がずれているということも考えられる。特にブレーキシューの交換を行った際にこの現象は起こりやすい。ブレーキシューは進行方向に向けて先端をわずかに狭くするのが基本。ハの字に設定すると、ブレーキ時の音鳴りが小さくなる。

サドルまわりから異音がする場合

シートピラーのクランクややぐらの緩みをチェック

サドルまわりから異音

サドルにいろんな角度から力を加え、異音がしないか確認する。音がする場合は、シートピラーを固定しているクランプやサドルのやぐら部に緩みがないかチェックする。やぐらから音がするならば、ボルトを抜いてグリスを付けて増し締めする。

その他異音がする原因とその対処法一覧表

ハンドル周り

症状 原因・対処法
前ブレーキを掛けた時にハンドルの付け根辺りがガタガタする ヘッドパーツの緩み

ブレーキ/ホイール

症状 原因・対処法
ブレーキシューがリムに擦っている ブレーキの片効き
リムの触れ
ホイールの固定
ブレーキのテンション調整
ブレーキをかけた時に擦る音がする 金属片がブレーキシューに刺さっている
ブレーキシューの摩耗・交換
ブレーキをかけた時に「キーッ」という音がする ブレーキシューの調整

チェーン/ディレイラー

症状 原因・対処法
変速してもカチャカチャいっている フロントディレイラーの調整
リアディレイラーの調整
注油
チェーンのねじれ

BB周辺

症状 原因・対処法
ベダルを踏むとギシギシと音がする ペダルの取付けの緩み
ペダルシャフトのガタ
クランクの取付けの緩み
チェーンリングの緩み
BB取付けの緩み

サドル周辺

症状 原因・対処法
サドルの取り付け部分から音がする シートポストの増し締め
シートポストにグリスを塗る

役に立った!と思ったらシェアお願いします。

人気のページ

メンテナンス方法

ロードバイク虎の巻カテゴリー