ホイール(前輪・後輪)の外し方

How to remove the wheel

パンク修理の時だけでなく、ロードバイクを車に乗せて運ぶ場合や輪行時など、ホイールを外す機会は意外に多い。これさえできればロードバイクで走れる範囲が大きく増える。前輪は簡単に取り外せるが、後輪は多少手間が必要。ただ、慣れればそんなに難しくないので、時間があるときに練習してみよう。

ホイール(前輪・後輪)の外し方

前輪の外し方

前輪は後輪ほど着脱を阻むものがないので外すのは簡単。ただホイール脱落防止のツメがあることを覚えておきたい。

このホイール脱落防止のツメは、誤ってホイールのクイックリリースが開いたときにホイールが外れないようにするためのもの。そのため、クイックリリースが開いただけではホイールは外れない安全機構になっている。

前輪の外し方

1.ブレーキのクイックリリースを開放する

ブレーキのクイックリリースレバーを上げてブレーキアーチを広げる。これにより、ホイールを外す際にタイヤがブレーキシューに干渉しなくなる。

2.ホイールのクイックレバーを外す

ホイールのクイックリリースレバーを引き起こして開く。ちゃんと締まっていれば、それなりに開くのは硬い。

3.ホイールのクイックリリースレバー反対側の袋ナットを緩める

ホイールのクイックリリースレバーの反対側にある袋ナットを2mmほど緩める。この作業はフォークの先端にある脱落防止用のツメを越すため。

ここで大切なのは「緩めるだけ」ということ。ホイールのクイックリリースレバーと袋ナットは完全に分離させなくてもいい。もし分離させてしまった場合はたけのこバネの向きに注意。詳しくは後述の内容を参照のこと。

4.フロントフォークを持ち上げて前輪を外す

ホイールのクイックリリースレバーが緩んだ状態でホイールを押さえつつ、フロントフォークを持ち上げれば、前輪を外すことができる。前輪はチェーンがないので簡単。

後輪の外し方(普通の外し方)

後輪を外すのを苦手としている初心者は多い。ホイールのクイックリリースレバーを開放しても、チェーンやギアなどが邪魔になって、簡単に外れないためだ。

外す方法としては、ロードバイクを手で持ったまま、リアディレイラーを後ろに引いてホイールの出口を作ってやると外れやすい。

一般的なのは普通の状態で後輪を外す方法だが、慣れないうちはロードバイクを逆さまにして外すという方法もある。何度かやっているうちにリアホイールを外す理屈がわかってくるので、逆さまにしなくてもスムーズに短時間で外せるようになる。

後輪の外し方

1.ギアを一番外側にセットする

後輪のホイールを外す前にチェーンを緩ませる必要がある。まずはディレイラーを操作してチェーンの張りが最も緩い小さいギヤ(一番外側)に変更する。フロントはインナーに。

2.リアブレーキを開放する

リアブレーキのクイックリリースレバーを起こしてリアブレーキを開放する。

3.ホイールのクイックリリースレバーを緩める

ホイールのクイックリリースレバーを引き起こし、レバーと逆側の袋ナットを緩める。前輪同様にフレームが外せる程度に緩めるだけで全部外す必要はなく、後輪が外れる程度に緩んでいれば大丈夫。なお、後輪のエンドには、脱落防止用のツメがない。そのため、レバーの反対側のナットは回す必要はない。

4.フレームを持ち上げてホイールを外す

ホイールのクイックリリースレバーが緩んだら、タイヤを両足で跨ぎ、取り付け軸のあたりを固定する。そのまま片手でフレームを持ち上げて、もう片方の手でタイヤを外す。

そのまま引いてもリアディレイラーが干渉して外れないので、リアディレイラーを後ろに引いて、ホイールの出口を確保する。

この時、ホイールがチェーンに引っかからないよう斜めにひねって回避すること。力まかせにやっても外れないので注意。

後輪の外し方(逆さまにして外す方法)

慣れないうちは、ロードバイクを逆さまにしたほうが作業しやすい。逆さまにすることでロードバイクが安定し、落ち着いて作業できるだろう。

逆さにする際は、ハンドル部分が接地してしまうので、傷が気になる人は下にダンボールやクッション材など、何か敷くものを準備しておきたい。

ただ、油圧ディスクブレーキの場合はトラブルの原因となるため、逆さにするのは避けたほうが無難。

1.ギアを一番外側にセットする

通常の外し方と同じく、ギアはリアスプロケットのいちばん外側(一番重いギア)にし、フロントはインナーギアにしてチェーンを緩ませておく。

2.リアブレーキのクイックリリースレバーを解除する

リアブレーキのクイックリリースレバーを起こしてブレーキを開放する。ここも通常の外し方と同様。

3.ロードバイクをひっくり返す

ここでロードバイクをひっくり返す。ひっくり返す簡単な方法は、身体と反対側にあるフォークとシートチューブを持って上に上げるようにする。こうすることで、ハンドルとサドルが重みで下になる。

4.後輪のクイックリリースレバーを解除する

後輪のクイックリリースレバーを解除する。やり方は通常のやり方と同様で、レバーと逆側の袋ナットを緩める程度にし、全部外す必要はない。後輪が外れる程度に緩んでいれば大丈夫。

5.ホイールを外す

メカを後ろに動かして出口を作り、チェーンに引っかからないよう斜めにホイールをひねって回避すればホイールが外れる。

役に立った!と思ったらシェアお願いします。

人気のページ

メンテナンス方法

ロードバイク虎の巻カテゴリー