ブレーキ調整方法

Brake adjustment method

安心してロードバイクに乗れるのは走る、曲がる、止まるという基本的な反応があるからこそ。しかし乗り続けていると様々な要因によってブレーキが効きづらくなっていく。そして止まらなくなることだって…。安全に直結する箇所だけにブレーキ部分に違和感を感じたらそのままにせずに調整などを行おう。
ブレーキ調整方法

ブレーキはだんだんと効きづらくなる

多くのロードバイクはキャリパーブレーキという形式のブレーキだ。構造は通常の自転車と同じで、フロントとリアのホイールのリムを両側から挟むようにして減速や停止をする構造になっている。フロントブレーキもリアブレーキもそれぞれワイヤーによってハンドルの両側に付いているレバーと連動しており、レバーを握ることでブレーキが作動する。

ブレーキはだんだんと効きづらくなる

ブレーキは物理的に挟み込んで停止させる機能なので、長く乗っていればブレーキもレバーも少しずつ締め付けていたネジが緩んでくる。まめに確認して、緩みを調整しよう。また、ホイールのリムに挟む部分であるブレーキシューは少しづつだが削れていく。この場合はブレーキシューの交換が必要となる。詳しくはブレーキシューの交換方法を参照。

ブレーキのメンテナンスは初心者でも可能か

ブレーキのメンテナンスの作業自体はシンプルだ。ブレーキワイヤーのゆるみなどは、絞めなおすことで解決することが多いし、消耗品であるブレーキシューの交換は、六角レンチがあれば可能で、携帯用の工具についているもので十分だ。いずれもロードバイク初心者でもそんなに難しくないので安心しよう。

自転車工具セット 六角レンチ 多機能 携帯 346円

六角レンチとドライバーが付いているので、最低限のことはできる。

ただ、レバーやブレーキの交換はそうでもない。また、ワイヤー交換の重要性は高いが、ある程度の知識と経験が必要。作業を一般の人が行うのは困難なので、自分でやるより店に持って行ってプロにやってもらった方が安心だ。

簡単にできること
  • ブレーキの調整
  • ブレーキシューの交換
簡単にできないこと
  • レバーやブレーキの交換
  • ワイヤーの交換

異常の発見だけでもできるようになろう

先ほどワイヤーの交換についてはある程度の知識と経験が必要なのでお店に依頼しようと述べたが、交換方法をマスターしなくても、確実に異常を発見できるようにはなっておこう。そうすればすぐにショップに相談できるため、安全を確保することができる。

この3つを覚えればOK!ブレーキの調整方法

1.緩みの調整

緩みの調整

まず最初に確認したいのがブレーキ部分。ブレーキはフレームにネジで取り付けられているが、取り付け位置が緩んでいないかどうかを確認しよう。ブレーキをかけるたびにこの部分に力が入るため、いつの間にかこの部分が緩んでしまうのだ。

緩んでいるかどうかをレンチを差し込み確認し、もし緩んでいれば締め直そう。外出時に携帯工具を持ち出す理由は、走っているうちにブレーキ部分に違和感があればすぐに対応できるようになのだ。

2.ワイヤーの調整

次に確認するところが、ブレーキレバーの遊びが大きくなりすぎていないかどうかだ。ブレーキとレバーを繋ぐワイヤーが緩んでいると、ブレーキレバーの遊びが大きくなる。ブレーキワイヤーは使い続けているうちに伸びるものであり、張りがなくなると正常に操作できなくなるので特に注意したい箇所。

ブレーキに付いているアジャスター

ブレーキレバーの遊びの調整は、ブレーキに付いているアジャスターを手で回すだけ。この操作によりワイヤーの長さを調整することができる。非常に簡単なので覚えておこう。

3.ブレーキアーチの調整

ブレーキアーチの調整

最後に確認するところがブレーキアーチ、ブレーキとタイヤの接点。ロードバイク駐輪時にブレーキアーチ部分に力がかかったり、路面からの振動を長期間受けることにより、リムを挟むブレーキバッドの開きが左右非対称になってくることがある。

この場合は、ブレーキアーチの穴にレンチを差して回して開閉調整をする。右に回すと右のブレーキパッドが開き、左に回すと左が開く。微調整を繰り返して、ブレーキアーチの左右の開きが対称になるまで調整する。

役に立った!と思ったらシェアお願いします。

人気のページ

メンテナンス方法

ロードバイク虎の巻カテゴリー